冬の季語

【冬の季語】煤逃

【冬の季語=仲冬(12月)】煤逃

煤払」から逃げて外に出かけること。別室に籠ることは「煤籠」という。

「煤逃げ」と「げ」を送ることもある。


【煤逃(上五)】
煤逃げの家にも世にも帰り来ず 文挾夫佐恵
煤逃げの男に女ありにけり 岩城久治
煤逃げの蕎麦屋には酒ありにけり 小島健
煤逃げや八十路の父と麒麟見に 上野一孝
煤逃のはずが会社に来てしまふ 谷岡健彦
煤逃の円をユーロに替へにけり 太田うさぎ
煤逃げのをんなばかりの飲茶かな 鎌田俊

【煤逃(中七)】
景品を抱へ煤逃げより戻る 杉良介

【煤逃(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 【新年の季語】二日
  3. 【秋の季語】秋風
  4. 【新年の季語】人日
  5. 【秋の季語】八月
  6. 【夏の季語】バナナ
  7. 【新年の季語】繭玉
  8. 【冬の季語】寒い

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】待春
  2. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  3. 【春の季語】春菊
  4. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  6. 【クラウドファンディング実施中】『神保町に銀漢亭があったころ』を本にしたい!【終了しました】
  7. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  8. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  10. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  3. 【夏の季語】月涼し
  4. 【春の季語】早春
  5. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  6. 【春の季語】朧
  7. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  9. 【春の季語】惜春
  10. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
PAGE TOP