冬の季語

【冬の季語】煤逃

【冬の季語=仲冬(12月)】煤逃

煤払」から逃げて外に出かけること。別室に籠ることは「煤籠」という。

「煤逃げ」と「げ」を送ることもある。


【煤逃(上五)】
煤逃げの家にも世にも帰り来ず 文挾夫佐恵
煤逃げの男に女ありにけり 岩城久治
煤逃げの蕎麦屋には酒ありにけり 小島健
煤逃げや八十路の父と麒麟見に 上野一孝
煤逃のはずが会社に来てしまふ 谷岡健彦
煤逃の円をユーロに替へにけり 太田うさぎ
煤逃げのをんなばかりの飲茶かな 鎌田俊

【煤逃(中七)】
景品を抱へ煤逃げより戻る 杉良介

【煤逃(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蓮
  2. 【夏の季語】百合
  3. 【春の季語】早春
  4. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  5. 【冬の季語】掘炬燵
  6. 【秋の季語】秋刀魚
  7. 【冬の季語】小春日
  8. 【夏の季語】涼しい

おすすめ記事

  1. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  2. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  5. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  9. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  2. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  4. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  5. 【秋の季語】蕎麦の花
  6. 【冬の季語】寒し
  7. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  8. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  9. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  10. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
PAGE TOP