冬の季語

【冬の季語】縄跳

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】縄跳

【解説】

日本においては、1878年にドイツから輸入された器械体操の道具の中に縄跳びの縄が入っていたのが起源です(しかし、遊びとしての縄跳びは、遅くとも室町時代にはあったらしい)。

主に小学生がやる遊び。冬の季語となっているのは、春と秋が運動会シーズンであること、そして夏は熱中症のリスクが有り、夏しかできない水泳指導が全面で入ることがにより、冬が残るというわけですかね。

縄跳びといえば、そんなわけで俳句でも「冬」ということになっています。


【縄跳(上五)】

縄跳びの縄は冷えねど夜迫る 中村草田男
縄跳のこゑつづくなり泪ふと 藤田湘子
縄跳の弧が放ちたる少女かな 大石悦子
縄飛の縄が夕日を絡め捕る 伊藤伊那男
縄とびを兄にゆづりて黙りけり 依光陽子
縄跳のもはや縄とはいへぬ音 小泉和貴子
縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月
縄跳や肩幅に空立ちあがる 渡部有紀子

【縄跳(中七)】

【縄跳(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】素魚
  2. 【夏の季語】サングラス
  3. 【春の季語】引鴨
  4. 【秋の季語】小鳥来る
  5. 【毛の俳句】
  6. 【春の季語】鶯
  7. 【春の季語】蝶生る
  8. 【春の季語】囀る

おすすめ記事

  1. 【春の季語】うららか
  2. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  3. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  4. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  5. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  6. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  7. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  8. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  9. 【秋の季語】天高し
  10. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】水仙
  2. 【#19】子猫たちのいる場所
  3. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  4. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  6. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  8. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  9. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】
  10. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
PAGE TOP