冬の季語

【冬の季語】縄跳

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】縄跳

【解説】

日本においては、1878年にドイツから輸入された器械体操の道具の中に縄跳びの縄が入っていたのが起源です(しかし、遊びとしての縄跳びは、遅くとも室町時代にはあったらしい)。

主に小学生がやる遊び。冬の季語となっているのは、春と秋が運動会シーズンであること、そして夏は熱中症のリスクが有り、夏しかできない水泳指導が全面で入ることがにより、冬が残るというわけですかね。

縄跳びといえば、そんなわけで俳句でも「冬」ということになっています。


【縄跳(上五)】

縄跳びの縄は冷えねど夜迫る 中村草田男
縄跳のこゑつづくなり泪ふと 藤田湘子
縄跳の弧が放ちたる少女かな 大石悦子
縄飛の縄が夕日を絡め捕る 伊藤伊那男
縄とびを兄にゆづりて黙りけり 依光陽子
縄跳のもはや縄とはいへぬ音 小泉和貴子
縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月
縄跳や肩幅に空立ちあがる 渡部有紀子

【縄跳(中七)】

【縄跳(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】海の家
  2. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  3. 【夏の季語】蝸牛
  4. 【冬の季語】冬の日
  5. 【秋の季語】秋分
  6. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  7. 【秋の季語】秋気
  8. 【冬の季語】咳く

おすすめ記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  3. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  5. 【新年の季語】初日記
  6. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  9. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  10. 【秋の季語】銀漢

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  2. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  3. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  4. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  5. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  6. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  7. 【春の季語】木の根明く
  8. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  9. 【卵の俳句】
  10. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
PAGE TOP