季語・歳時記

【新年の季語】獅子舞

新年の季語(1月)】獅子舞

東アジアおよび東南アジアでみられる伝統芸能の一つで、祭囃子にあわせて獅子が舞い踊るもの。

季語としては、正月の門付芸の一つを指し、家ゝを訪れてめでたい芸を披露し、新しい年の訪れを祝福する。

かしらの部分は「獅子頭」。


【獅子舞(上五)】
獅子舞や大口明けて梅の花 一茶
獅子舞にひそと鎖しゐて夕餉かな 富田木歩
獅子舞が通りこぼれる崖の土 桂信子
獅子舞の来て村ぢゆうが動きだす 鷹羽狩行
獅子舞に噛ます華甲の頭かな 伊藤伊那男
獅子舞の歯の根合はざる山の冷 野中亮介

獅子舞や函谷関の彼方より 長谷川櫂
獅子舞を置きざりにして空青し 大石雄鬼
獅子舞の腹より出たる子どもかな 清水良郎
獅子舞の右手の終に見えぬまま  興梠隆
獅子舞の口より見ゆる砂丘かな 曾根毅
獅子舞のあとの塵浮く日差しかな 村上鞆彦
獅子舞が縦に暴れてゐるところ 西村麒麟

【獅子舞(中七)】
くたくたと獅子がへたばる獅子の宿 前田普羅
市役所に獅子舞が来る市長噛む  小林鮎美

【獅子舞(下五)】
影ばかり背梁山脈の獅子舞 金子兜太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬川
  2. 【新年の季語】読初
  3. 【冬の季語】日記買う
  4. 【夏の季語】桐の花
  5. 【秋の季語】秋気
  6. 【秋の季語】虫籠/むしご
  7. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  8. 【秋の季語】長薯/薯蕷

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  6. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. 【夏の季語】海の日
  9. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  10. 【冬の季語】クリスマスケーキ

Pickup記事

  1. 【秋の季語】野菊
  2. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  3. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  4. 【秋の季語】天の川
  5. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  6. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  7. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  8. 【冬の季語】冬野
  9. 【新年の季語】成人の日
  10. 【春の季語】彼岸
PAGE TOP