季語・歳時記

【新年の季語】三が日

新年の季語(1月)】三が日

正月」のうち、1月1日から1月3日までを「三が日」とよぶ。

「三が日」のうちは、仕事が休みのところが多い。

「三ヶ日」「三ケ日」と書くこともある。


【三が日(上五)】
三ヶ日つかはぬ葱のにほひ来つ 能村登四郎
三ケ日書斎は隠れ部屋めきて 山田弘子
三が日立ちて座りて土恋し 宇多喜代子
三が日木の家に木の音しきり 宇多喜代子

【三が日(中七)】

【三が日(下五)】
なすとなくするともなしに三ケ日 井上井月
こころよき炭火のさまや三ヶ日 飯田蛇笏
机上メモまだ白きまま三ケ日 吉屋信子
父母となり祖父母となりて三が日 中野智子
半分は海を見てゐし三が日 五十嵐義知


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】田植
  2. 【冬の季語】ストーブ
  3. 【冬の季語】枯木立
  4. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  5. 【春の季語】薄氷
  6. 【秋の季語】鴨来る
  7. 【夏の季語】草いきれ
  8. 【秋の季語】曼珠沙華

おすすめ記事

  1. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  4. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  5. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  6. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  7. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  8. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  9. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇

Pickup記事

  1. 【秋の季語】曼珠沙華
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  3. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  4. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  5. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  6. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  7. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
PAGE TOP