冬の季語

【冬の季語】毛糸編む

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】毛糸編む

毛糸」で「セーター」や「マフラー」を編むこと。


【毛糸編む(上五)】
毛糸編み来世も夫にかく編まん 山口波津女
毛糸編む手の疾くして寄りがたき 橋本多佳子
毛糸編む昼から夜へ影移り 林田紀音夫
毛糸編みつつ米子まで行くといふ 辻田克巳
毛糸編むことを忘れてをりし指 稲畑汀子
毛糸編む母の周りに集まりぬ 後閑達雄 
毛糸編む毛糸説得するごとく 齋藤朝比古
毛糸編むアラスカつてくらい素敵な 小川楓子

【毛糸編む(中七)】
編みかけの毛糸編む気のなき如く 後藤夜半
ルノアルの女に毛糸編ませたし 阿波野青畝
浅蜊剥く母毛糸編む娘かな 川端茅舎
ある期待真白き毛糸編み継ぐは 菖蒲あや
つまらなくなり毛糸編むこともやめ 菖蒲あや
ヒップホップならば毛糸は編みにくし 岡田由季

【毛糸編む(下五)】
離れて遠き吾子の形に毛糸編む 石田波郷
隣席を一切無視し毛糸編む 右城暮石
うさぎほどの温もり膝に毛糸編む 西村和子
木星の色を転がし毛糸編む 山田真砂年
いくたびも十字架を重ね毛糸編む 対馬康子
騙し絵のやうな嫗が毛糸編む しなだしん


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】白魚
  2. 【冬の季語】春近し
  3. 【冬の季語】雪掻
  4. 【冬の季語】落葉
  5. 【冬の季語】梟
  6. 【秋の季語】秋蝶
  7. 【冬の季語】おでん
  8. 【冬の季語】マスク

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  3. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  4. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  6. 【秋の季語】秋刀魚
  7. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  8. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  10. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】草ロール
  2. 【春の季語】雛祭
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  4. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  5. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  7. 【秋の季語】草の花
  8. 【冬の季語】師走
  9. 【冬の季語】八手の花
  10. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
PAGE TOP