冬の季語

【冬の季語】毛糸編む

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】毛糸編む

毛糸」で「セーター」や「マフラー」を編むこと。


【毛糸編む(上五)】
毛糸編み来世も夫にかく編まん 山口波津女
毛糸編む手の疾くして寄りがたき 橋本多佳子
毛糸編む昼から夜へ影移り 林田紀音夫
毛糸編みつつ米子まで行くといふ 辻田克巳
毛糸編むことを忘れてをりし指 稲畑汀子
毛糸編む母の周りに集まりぬ 後閑達雄 
毛糸編む毛糸説得するごとく 齋藤朝比古
毛糸編むアラスカつてくらい素敵な 小川楓子

【毛糸編む(中七)】
編みかけの毛糸編む気のなき如く 後藤夜半
ルノアルの女に毛糸編ませたし 阿波野青畝
浅蜊剥く母毛糸編む娘かな 川端茅舎
ある期待真白き毛糸編み継ぐは 菖蒲あや
つまらなくなり毛糸編むこともやめ 菖蒲あや
ヒップホップならば毛糸は編みにくし 岡田由季

【毛糸編む(下五)】
離れて遠き吾子の形に毛糸編む 石田波郷
隣席を一切無視し毛糸編む 右城暮石
うさぎほどの温もり膝に毛糸編む 西村和子
木星の色を転がし毛糸編む 山田真砂年
いくたびも十字架を重ね毛糸編む 対馬康子
騙し絵のやうな嫗が毛糸編む しなだしん


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】猫柳
  2. 【冬の季語】寒木
  3. 【春の季語】巣箱
  4. 【冬の季語】枇杷の花
  5. 【夏の季語】涼し
  6. 【夏の季語】噴水
  7. 【春の季語】雛飾る
  8. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】白式部
  2. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  3. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  6. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  7. 【冬の季語】雪掻く
  8. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  10. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

Pickup記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  3. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  4. 【春の季語】旧正
  5. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  9. 【冬の季語】冬の水
  10. 【夏の季語】扇風機
PAGE TOP