夏の季語

【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

梅雨」の時期に見られる「」。

雨の多い時期にきのこを見つけると、嬉しくなる。

読みは「つゆきのこ」または「つゆだけ」。

梅雨の茸」とも。


【梅雨茸(上五)】
梅雨茸の人にも見せて捨てらるる 後藤夜半
梅雨茸や勤辞めては妻子飢ゆ 安住敦
梅雨茸にときどき人の話し声 辻田克巳
梅雨きのこひとの油断を見てゐたる 藤田湘子
梅雨茸の踏まれて土に戻りたる 稲畑汀子
梅雨茸をたふし金閣去りにけり 大木あまり

【梅雨茸(中七)】
道標が朽ちて梅雨茸にも劣る 鷹羽狩行

【梅雨茸(下五)】
大形に崩れてしまふ梅雨茸 殿村菟絲子
たはやすき恋のごとくに梅雨茸 小林康治
わたくしに劣るものなく梅雨きのこ 池田澄子
なめくぢを越えゆく蟻や梅雨菌 岸本尚毅



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春雪
  2. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  3. 【春の季語】囀
  4. 【春の季語】月朧
  5. 【秋の季語】山椒の実
  6. 【夏の季語】月涼し
  7. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  8. 【新年の季語】なまはげ

おすすめ記事

  1. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  4. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  5. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  6. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  7. 【春の季語】蝶生る
  8. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  9. 【夏の季語】夏の蝶
  10. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  2. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  4. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  5. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  6. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  7. 【秋の季語】秋思
  8. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  9. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  10. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
PAGE TOP