夏の季語

【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

梅雨」の時期に見られる「」。

雨の多い時期にきのこを見つけると、嬉しくなる。

読みは「つゆきのこ」または「つゆだけ」。

梅雨の茸」とも。


【梅雨茸(上五)】
梅雨茸の人にも見せて捨てらるる 後藤夜半
梅雨茸や勤辞めては妻子飢ゆ 安住敦
梅雨茸にときどき人の話し声 辻田克巳
梅雨きのこひとの油断を見てゐたる 藤田湘子
梅雨茸の踏まれて土に戻りたる 稲畑汀子
梅雨茸をたふし金閣去りにけり 大木あまり

【梅雨茸(中七)】
道標が朽ちて梅雨茸にも劣る 鷹羽狩行

【梅雨茸(下五)】
大形に崩れてしまふ梅雨茸 殿村菟絲子
たはやすき恋のごとくに梅雨茸 小林康治
わたくしに劣るものなく梅雨きのこ 池田澄子
なめくぢを越えゆく蟻や梅雨菌 岸本尚毅



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪野
  2. 【冬の季語】雪
  3. 【冬の季語】小春日
  4. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  5. 【春の季語】落椿
  6. 【秋の季語】霧
  7. 【春の季語】初音
  8. 【冬の季語】鬼やらう

おすすめ記事

  1. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  2. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  4. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  6. 【春の季語】黄水仙
  7. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  8. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  10. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】

Pickup記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  2. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  4. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  6. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  7. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  8. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  9. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  10. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
PAGE TOP