季語・歳時記

【春の季語】月朧

【春の季語=仲春〜晩春(3〜4月)】月朧

【ミニ解説】

春は大気中の水分が多く、ものがけむって見えます。その状態を俳句では、昼に「霞」、夜に「朧」の季語を当てます。そんな時期の月のこと。「朧月」とも。


【月朧(上五)】
月朧松の梢にちゝり見ゆ 中川四明
月朧おぼろに仰ぐ別れかな 稲畑汀子

【月朧(中七)】

【月朧(下五)】
潜水夫の喞筒の音にや月朧 河東碧梧桐
三毛よ今帰つたぞ門の月朧 寺田寅彦
刀身は二尺二寸や月朧 星野麥丘人
つんとせし乳房を抱く月朧 仙田洋子
牛面の目のくりぬかれ月朧 仙田洋子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の月
  2. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  3. 【春の季語】四月馬鹿
  4. 【冬の季語】冬木の芽
  5. 【夏の季語】扇風機
  6. 【夏の季語】バナナ
  7. 【冬の季語】冬野
  8. 【春の季語】春寒し

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  5. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  6. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  7. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  8. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  9. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  10. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】

Pickup記事

  1. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  2. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  3. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  4. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  8. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  9. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
PAGE TOP