季語・歳時記

【春の季語】月朧

【春の季語=仲春〜晩春(3〜4月)】月朧

【ミニ解説】

春は大気中の水分が多く、ものがけむって見えます。その状態を俳句では、昼に「霞」、夜に「朧」の季語を当てます。そんな時期の月のこと。「朧月」とも。


【月朧(上五)】
月朧松の梢にちゝり見ゆ 中川四明
月朧おぼろに仰ぐ別れかな 稲畑汀子

【月朧(中七)】

【月朧(下五)】
潜水夫の喞筒の音にや月朧 河東碧梧桐
三毛よ今帰つたぞ門の月朧 寺田寅彦
刀身は二尺二寸や月朧 星野麥丘人
つんとせし乳房を抱く月朧 仙田洋子
牛面の目のくりぬかれ月朧 仙田洋子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  2. 【秋の季語】末枯
  3. 【春の季語】雛
  4. 【冬の季語】冬滝
  5. 【冬の季語】マフラー
  6. 【夏の季語】サイダー
  7. 【夏の季語】桐の花
  8. 【冬の季語】白菜

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  2. 【春の季語】雛
  3. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  4. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  5. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  6. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  7. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  8. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  9. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  10. 【夏の季語】ごきぶり

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  3. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  4. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  6. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  7. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  8. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  9. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  10. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
PAGE TOP