冬の季語

【冬の季語】白鳥

【冬の季語=三冬(11〜1月)】白鳥

日本で越冬する白鳥は、オオハクチョウとコハクチョウの二種類。

オオハクチョウとコハクチョウは北極海に面したロシアのツンドラ地帯やタイガ地帯、サハリンやカムチャッカ半島等で繁殖し、日本の北海道や本州の一部地域で越冬する。浅瀬のある河川、湖沼、内湾などに生息し、水草の葉、茎、地下茎、根、穀物や牧草、海藻、昆虫等を食料とする。

「白鳥来る」も冬の季語、「白鳥帰る」は春の季語となる。


【白鳥(上五)】
白鳥といふ一巨花を水に置く 中村草田男
白鳥の花の身又の日はありや 成田千空
白鳥翔ぶ空ある限り人愛す 藤木倶子
白鳥といふやはらかき舟一つ 鍵和田秞子
白鳥の白炎として降り立てり 伊藤伊那男
白鳥の首やはらかく混み合へり 小島健
白鳥にもろもろの朱閉ぢ込めし 正木ゆう子
白鳥の花のやうなる浮寝かな 長谷川櫂
白鳥の首つかみ振り回はす夢 高山れおな
白鳥といふ凍りつく白さかな 長嶺千晶
白鳥の怒れる腋を見せにけり 津川絵理子
白鳥の眠り覚まさぬやうに波 赤松佑紀

【白鳥(中七)】
頸捩る白鳥に畏怖ダリ嫌ひ 佐藤鬼房
声揃へたる白鳥の同じかほ 深見けん二
まぶしくて白鳥のほか何も見えず 加藤瑠璃子
泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ

【白鳥(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】冷房
  2. 【夏の季語】滝
  3. 【春の季語】早春
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. 【冬の季語】小春日
  6. 【夏の季語】泉
  7. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  8. 【夏の季語】夏の月

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  2. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  3. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  4. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  6. 【夏の季語】梅雨入
  7. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  9. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  10. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

Pickup記事

  1. 【冬の季語】豆撒
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  4. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  6. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  7. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  8. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】
  9. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  10. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
PAGE TOP