冬の季語

【冬の季語】小六月

【冬の季語=初冬〜仲冬(11月〜12月)】小六月

【ミニ解説】

晩秋から初冬の時期に、春のように暖かく穏やかに晴れる日、いわゆる「小春日和」のこと。


【小六月(上五)】

【小六月(中七)】

【小六月(下五)】
山内にひとつ淫祠や小六月 川端茅舎
水兵の腕の刺青小六月 楠本莞爾
よくうごく豚の尻尾や小六月 桑田和子
とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋気
  2. 【秋の季語】白式部
  3. 【春の季語】朧夜
  4. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  5. 【馬の俳句】
  6. 【春の季語】魚氷に上る
  7. 【新年の季語】読初
  8. 【冬の季語】冬木

おすすめ記事

  1. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  3. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  5. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  6. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  7. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  8. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  9. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  10. 【#27】約48万字の本作りと体力

Pickup記事

  1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  2. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  5. 【秋の季語】秋暑し
  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  8. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  9. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
PAGE TOP