冬の季語

【冬の季語】小春日和

【冬の季語=初冬〜仲冬(11月〜12月)】小春日和

【ミニ解説】

冬になると、シベリア高気圧の勢力が強まり、北西の季節風、すなわち「」が吹いて日ごとに冷え込んでいくのですが、たまに冬型がゆるんで暖かくなる日があります。これが小春日和です。

玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし

という句が、有名な一句。

小春」「小春日」「小六月」と呼ばれることもあります。


【小春日和(上五)】
小春日和と同音に言い別れたり 金子兜太

【小春日和(中七)】
玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし
どこよりも小春日和の墓地にぎやか 右城暮石
ふんだんに小春日和を賜はらむ 相生垣瓜人
挿話めく小春日和といふがあり 相生垣瓜人
時雨忌が小春日和に終始せり 相生垣瓜人
時雨忌を小春日和に奪はれき 相生垣瓜人
医師と居て小春日和のみづすまし 飯田龍太
美しき小春日和や悲しき日 山口青邨
友逝きぬ小春日和の夜のしじま 松崎鉄之介
汀女ゐる小春日和の熊本へ 星野立子
木蔭まで小春日和に包まれし 稲畑汀子
彼の世も小春日和か郵便局あるか 池田澄子
待ち伏せや小春日和に靴脱いで 岡村知昭

【小春日和(下五)】
不忍も上野も小春日和哉 正岡子規
捨てられし仔猫に小春日和かな 飯田龍太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】読初
  2. 【冬の季語】日短
  3. 【春の季語】月朧
  4. 【毛の俳句】
  5. 【夏の季語】田植
  6. 【秋の季語】秋山
  7. 【新年の季語】初厨
  8. 【春の季語】猫の恋

おすすめ記事

  1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  2. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  3. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  4. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  5. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年1月分】
  7. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  8. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  9. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  10. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 

Pickup記事

  1. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  3. 【秋の季語】野菊
  4. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  5. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  6. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  7. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  8. 【秋の季語】十六夜
  9. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  10. 【春の季語】涅槃絵図
PAGE TOP