【夏の季語】草いきれ

【解説】暑い夏の日の、むせぶようなほどの、草むらの熱気のこと。

【関連季語】夏草、極暑、炎暑、炎天、旱、田水沸くなど。

【草いきれ】
草いきれその正体に近づきゆく    波多野爽波
草いきれゾーリンゲンの刃が大事   波多野爽波
草いきれ嘴のごと月細りゐる     友岡子郷
不発弾あるやも知れず草いきれ    鷹羽狩行
戦争の記憶の端に草いきれ      奥名春江
草いきれ振り向きて振り向かれけり  池田澄子
約束の絵を見にきたる草いきれ    田中裕明
人くさきとは比良坂の草いきれ    竹岡一郎
天体のみなしづかなる草いきれ    生駒大祐

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る