ハイクノミカタ

天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

天体のみなしづかなる草いきれ

生駒大祐


炎熱のなかの「草いきれ」を、はあはあ言いながら進んでいく時間は、宇宙を俯瞰して天体の運行を「みなしづか」と感じるのと、もっとも離れている時間、なのかもしれない。そうであればこそ、「天体のみなしづかなる」という把握のなかには、自分で書いた言葉を二重線で抹消してしまうような、そんな手つきが感じられる。天と地と、静と動と、矛盾するものをひとつにパックしてしまうことで、「しづかなる天体」の「動」、「草いきれ」の「静」の部分も際立つ。どちらにも共通しているのは、人間を拒むような「遠さ」である。『水界園丁』(2019)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  2. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  3. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  4. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  5. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  6. 煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子【季語=艾(春)】
  7. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬…
  8. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

おすすめ記事

  1. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  2. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  3. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  4. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  5. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  6. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  7. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  8. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  10. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】

Pickup記事

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  3. 【秋の季語】後の月
  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  5. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  8. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  9. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年1月分】
PAGE TOP