ハイクノミカタ

天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

天体のみなしづかなる草いきれ

生駒大祐


炎熱のなかの「草いきれ」を、はあはあ言いながら進んでいく時間は、宇宙を俯瞰して天体の運行を「みなしづか」と感じるのと、もっとも離れている時間、なのかもしれない。そうであればこそ、「天体のみなしづかなる」という把握のなかには、自分で書いた言葉を二重線で抹消してしまうような、そんな手つきが感じられる。天と地と、静と動と、矛盾するものをひとつにパックしてしまうことで、「しづかなる天体」の「動」、「草いきれ」の「静」の部分も際立つ。どちらにも共通しているのは、人間を拒むような「遠さ」である。『水界園丁』(2019)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  2. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  3. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  4. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  5. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  6. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(…
  7. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  8. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP