ハイクノミカタ

敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】


敬老の日のどの席に座らうか

吉田松籟

 駅のホームのどこで電車を待つか。自分なりに研究してベストポジションは決まっている。どこに並んでも列の長さはそんなに変わらないのだが、優先席が近くにある出口の前は短いことが多い。みんな優先席には座りたくないのだ。座りたくない理由は席を譲りたくないからではなく譲るつもりがあるからだろう。前に立った人に譲って断られないか、かえって失礼にあたるのではないかなどと考えてしまうことがある。

 理由なく断られると罪悪感に襲われるが、それは気にしなくて良いはず。「立つのがかえって大変だから」「リハビリのために立っている」と断られたのには納得。一番困るのが身ぎれいにしているお姉様。これだけ綺麗なら譲ったら失礼かも?「一駅で降りるので」くらいの理由であれば断られても強引に立ってすぐその場を離れる。

「おなかに赤ちゃんがいます」と書かれたマタニティマークのキーホルダーをつけていてくれるとためらう必要がないから助かる。こちらの逆バージョンで「席ゆずります 声かけてください」というキーホルダーもあるらしい。ヘルプマークをつけている方にはうまく譲れたことがない。声のかけかたが悪かったのだろう。

キーホルダーでいうと後期高齢者の方は「席を譲られたら座ります」「席を譲らなくて結構です」と書いたものをつけて下さると変なプレシャーがなくなると考えたことがある。しかしこれは何かが違うような…。

敬老の日のどの席に座らうか

 どの席に座るかという問題は会議や宴会・劇場などにもつきまとう。常にある問題なのだが、それが敬老の日となると真っ先に優先席を思い浮かべてしまう。席を譲る側からしてみると「譲っても良いかどうか」の問題になるのだが、座る側からしてみると自分が座って良いのか?という別の問題が生じる。それなりの年齢は重ねているけど脚は丈夫だし杖もついていない微妙な年齢なのだろう。それゆえ「こんな若いもんが優先席に座って!」と思われることを期待しているのかもしれない。かといって普通の席に座ったら「優先席に座ってくれればいいのに」と思われるかもしれない。どこに座るにしても譲るべき人が来たら譲れば良いだけの話なのだが、「老人なのに!」「若いのに!」と思われない席をまずは選びたいのだ。

 この句、若者の心情であれば共感が難しい。「座らない」も選択肢に入れてほしくなる。一方かなり高齢の方だとするとご無理なければ優先席に座っていただきたい。

 あともう一つの可能性。モノレールの一番前の前を向いた席だ。運転士気分が味わえる。あそこはお子様向けに思われるが、敬老の日は敬老席にしても良いのかもしれない。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】
>>〔66〕秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦
>>〔65〕さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨
>>〔64〕いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介
>>〔63〕はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき
>>〔62〕寝室にねむりの匂ひ稲の花  鈴木光影
>>〔61〕おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思
>>〔60〕水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子
>>〔59〕腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治
>>〔58〕観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治
>>〔57〕ふところに四万六千日の風  深見けん二
>>〔56〕祭笛吹くとき男佳かりける   橋本多佳子
>>〔55〕昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美
>>〔54〕水中に風を起せる泉かな    小林貴子
>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  2. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  3. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  4. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  5. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  7. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  8. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

おすすめ記事

  1. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  2. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  3. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  4. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  5. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  8. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  9. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  10. 【冬の季語】冬野

Pickup記事

  1. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  3. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  4. 【冬の季語】小春日和
  5. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  6. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  7. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  9. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  10. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
PAGE TOP