ハイクノミカタ

ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】


ふところに四万六千日の風

深見けん二

 初めて四万六千日詣をしたのは俳句と出会う前だった。怪談企画を扱うことになり、同僚とお参りに行った方が良いのではないかという話になった。「どうせならこんなお得な話があるよ」と提案したのだった。1回参詣したら4万6千日分の功徳を授かるというのだからこれは行くしかないという20代の無邪気な思いつきである。何度も言うが自分が俳句を作るなどという発想がなかったので暑くて人が多かったこと以外ほぼ記憶に残っていない。そうそう、かるめ焼きの屋台が出ていた。他にも屋台はあったはずだがあまりにも暑そうだったので記憶に残ったようだ。汗を拭きつつ浅草寺に参拝を済ませ、古風な喫茶店で冷たいものを飲んだ。覚えているのはこれが全てである。

 その時お腹にいた子が俳句を作るきっかけとなってくれたので、その日お参りの御利益があったのだとしたら我が子との出会いであり、俳句との出会いといえる。四万六千日の暑さも良い句材になるので以前に比べたら苦にならない。句になる。

  ふところに四万六千日の風

 四万六千日参り(=浅草鬼灯市)はとにかく暑い。梅雨が明けていない場合もあるが、だいたい暑い。四万六千日ではなく華氏4万6000℃なのではないかと思うことがある。その暑さの中、浅草寺の仲見世通り及びその周辺は人で埋め尽くされる。浅草には外国人観光客の姿も戻ってきてすっかり疫病流行以前の賑わいが戻ってきているから今年(7月9日・10日)もさぞかし混み合うだろう。何もなくても大変な混雑なのだから。

 あの人混みの中で風を感じることは貴重な一瞬だ。団扇や扇子で煽いでも気休めにしかならない。そんな状況でもふと人混みがほぐれて風を感じることができたのだ。ふところに風が入るのだから着流しであろう。シャツでもふところに風が入ることはあるかもしれないが、浅草という場所柄から是非とも着流しであってほしい。

 「ふところ」の仮名遣いがやわらかい。ふわっと風を含んだ一瞬を文字という形でも表している。「ふわっと」と思わず書いてしまったが、その「ふ」の字のやわらかさは「懐」では感じ取ることができない。しかも曲線の多いひらがな達は風を含んだふところを象っているかのようである。

 顔に吹きつけるのではなくではなくふところに入ってくる風は、参拝する作者を歓迎しているに相違ない。通り過ぎるのではなく入ってくる風。何かをつかまえた感じがあったから俳句になったのだ。

 今年の四万六千日、両日とも30℃越え(摂氏)が予想されているが、ふところに入ってくる風を探しながら参拝すれば少しは暑さを忘れられるかもしれない。

 『花鳥来』(1991年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔56〕祭笛吹くとき男佳かりける   橋本多佳子
>>〔55〕昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美
>>〔54〕水中に風を起せる泉かな    小林貴子
>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  2. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  3. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  4. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  5. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  6. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  7. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  8. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

おすすめ記事

  1. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  2. 【春の季語】海苔
  3. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  4. 【新年の季語】初句会
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  6. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  7. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  8. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】
  9. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  10. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 

Pickup記事

  1. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  2. 【冬の季語】追儺
  3. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  4. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  7. 【春の季語】魚氷に上る
  8. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  9. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  10. 【夏の季語】夏の夢
PAGE TOP