ハイクノミカタ

水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】


水中に風を起せる泉かな)

小林貴子

 今世の中は「二刀流」のキーワードで賑わっているが、その元祖といえば宮本武蔵に間違いあるまい。映画「宮本武蔵 般若坂の決斗」(1962年、中村錦之助主演)で宮本武蔵は荒くれ者たちに向かってこのような台詞を発する。「物事は目で見、耳で聞くばかりでなくよく肚で見ろ」と。真実を見通す極意のかみ砕いた表現である。

 映画はシリーズ全5部のうちの第2作で、吉岡一門を一人で倒したという伝説的すぎる筋書きがリアリティをもって再現されている。武蔵が二刀流に開眼するのは第3作のことである。

 そういえば以前落語家・柳家喬太郎が落語の時に心がけていることとして「腹でしゃべること」と語っていた。

 「肚」なのか「腹」なのかは筆者の直感で決めてしまったが、「肚」はものを見るときの、「腹」は言葉を発する時の肝のように思われる。「はら」が「きも」なのだ。

  水中に風を起せる泉かな

 泉は季節によって枯れたり復活したりする性質のものではないが、こんこんと湧く水の姿には清涼感と生命感がある。泉を詠んだ名句は数あるが、掲句が抜きん出ているのは水面の姿や存在感ではなく泉の底、その源泉を詠んでいる点である。目で楽しんでいるのではなく腹の底から泉の涼しさを堪能しているのだ。実際目で確認できるのは水面だけだが、水の湧き上がりようを見ていると水その動きが読み取れる。そこに精神を傾けたからこそ発見できた詠みようだ。

 「風を起こす」のは水中なのだが、水の動きをイメージの中で再現してみると五臓六腑に風が起こるような爽快感がある。きれいな水が自分の体内に湧き上がるかのようだ。

 水面は平面のこともあるが波立ち、流れ、膨らみ、場合によっては凹むことがある。変化は多いがその動きのパターンは限られている。その繊細な変化をどうとらえ、表現するのか。適切な措辞を探すのが第一段階だとすると、それに飽き足らなくなった第二段階が内面の探索ではないだろうか。

 といってもレオナルド・ダ・ヴィンチが史上初の人体解剖図を描いたような美術解剖学的アプローチはあまり現実的ではない。しかし心眼を研ぎ澄ませることならできる。吟行では適切にして詩的な言葉を探すことを求めて対象を観察するが、その内面や源泉、細胞に思いを巡らせることにもっと時間を費やしても良いのかもしれない。それこそその場でないと感じとれないものがあるはずである。

 写生を極めていくと腹で見ることができるようになるのだろうか。

 『黄金分割』(2019年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(…
  2. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  3. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  4. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  5. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  6. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  7. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  8. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

おすすめ記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. 【秋の季語】末枯る
  3. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  4. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  5. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  6. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  7. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  8. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  9. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  10. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】裸木
  2. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  3. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  5. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  7. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  8. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  9. 【夏の季語】夏至
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
PAGE TOP