ハイクノミカタ

逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】


逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花)

中西夕紀

 人は生まれる前に人生のシナリオを自分で書いてくる、という話を聞いたことがある。事実かどうかは確かめようもないしどちらでも良いのだが、どんな目にあっても自分で書いたことだからと思えばあきらめもつく。ある時期この話が妙に救いになったことがある。「前半生追い込みすぎでしょ自分…」と苦笑したものだ。

 人生百年時代の後半生に突入してから数年。そのシナリオにこの出会いも書いてあるに違いない、と思うことが複数あった。その人の作品と名前だけを知っていてどんな方なんだろうとずっと気になっていた人。会った時のことを想定して「これを言おう」と中学生の時から準備していた人。私の人生きっとこういう出会いがあるはずと思っていた通りの人。前半生では苦しい出会いもあったが、それらは何かしら良い方向に転じるきっかけを与えてくれている。

 それは〽あの日あの時あの場所で君に会えなかったら(「ラブ・ストーリーは突然に」小田和正)のような瞬間的なものではなく、大いなる力で長い時間をかけて準備されてきたような出会いだった。それがきっかけでさらに何かが、ということはあったりなかったりだがそれは関係ない。縁があっただけで喜びなのだから。

 前半は多難、後半で巻き返す人生。それは幼少の頃から予感していた。その予感は今のところ的中しているが、シナリオはもっと早く書き変える術があったと今になって思う。とはいえ生きているうちにそれに気付いただけ良しとしたい。笑い話にできるから。

  逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花

 コロナ禍前に詠まれた句であるが、あの3年半(もうすぐ過去形になるはず…)を思い起こさずにはいられない。掲句では、ある相手ともともと逢える距離にいたのになかなかその機会を得られないうちに逢えなくなってしまった、その遠さを桐の花を仰ぐ心情に託している。

 「会う」は人と対面する時全般を指すが「逢う」は一対一の対面をさし、何かの会合に偶然同席していただけなら選ぶべき字が異なる。一対一で逢うという前提に作者と相手との緊張感を伴う親密さが表れている。相手が偉業をなしとげて手の届かない存在になってしまったのだろうか。初夏の花が季語なのだから不幸な理由とは思われない。

 桐の木は背が高いのに加えて花はその上方に咲くのでしっかり見上げないと見ることができない。はるか上方を仰ぐ行為に逢えなくなったその相手との距離感を思ったのだろう。あるいは遠くから眺めているのかもしれない。

 今は逢えなくてもむしろその時間が好転のきっかけとなるシナリオであることを願う。

『くれなゐ』(2020年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


中西夕紀さんの第4句集『くれなゐ』はこちら↓】

【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  2. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  3. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  4. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  5. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  6. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】
  7. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  8. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  3. 【春の季語】浅蜊
  4. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  6. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  9. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  10. 【秋の季語】松茸

Pickup記事

  1. 【秋の季語】新酒/今年酒
  2. 【夏の季語】雲の峰
  3. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  6. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  8. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  9. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  10. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
PAGE TOP