ハイクノミカタ

婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】


婚約とは二人でを見る約束

山口優夢
(『セレクション俳人 プラス 新撰21』)

東京の虹は短い。雲と雲の合間にさっと差す。仕事中に茶菓子として配られる八分割のバームクーヘンのようだ。高層ビルの15階に勤めていたが、半円状のくっきりとした虹を見る機会はなかった。

私の故郷は茨城県つくば市なのだが、夏になると毎日のように夕立があり、その後には、東の方角に半円状の虹が立つ。祖母が言っていた「あの虹は霞ケ浦からでた虹だよ」と。虹は、手の届かないほど遠くに見えた。

高校生の時に通っていた塾は、土浦港近くにあり、霞ケ浦が望めた。高校からバスで15分、家からは40分ほどの距離である。8階の教室の窓は、雷光が横走りする。最初は驚いていたが、湖の近くは雷雨が激しいことを知った。当時は、高校の授業終了から塾の時間までの2時間を土浦駅周辺で過ごしていた。駅ビルの雑貨店を覗くこともあれば、亀城公園を歩いたり、霞ケ浦の港をただ眺めていたりすることもあった。

高校3年生のゴールデンウイークが過ぎた頃であろうか。学校前のバス停で1年生の時にクラスメイトであった佃煮屋の若旦那と乗り合わせた。霞ケ浦の畔にある老舗の佃煮屋の長男で、学級委員長も文化祭の実行委員も進んで名乗り出る優等生。くじ引きで負けて役職を持った私をいつも助けてくれた。冗談の上手な人気者だが、従姉と恋愛関係にあることから「近親相姦」と冷やかされていた。「私の両親もいとこ同士の結婚だし、法的に婚姻が認められているのに近親相姦なんて失礼よね」と言ったら「うちの場合は、同じ敷地内で姉弟のように育ってきたし、苗字も同じだし、自分でも近親相姦かもって思ってるからいいんだよ」と笑った。確かに、私の父の実家のつくば市と母の実家の大洗町は、車で2時間ほどの距離があり、元の苗字も違う。結婚前の父母は、幼馴染とはいえ盆と正月のみに逢える間柄だった。母は、つくばに立つ虹を見ては「あの虹の向こうに私の故郷があるのよ」と言っていた。親族といえども文化も風習も違う母の実家は海に近く私の憧れだった。

マンモス校と言われる高校に通っていたため、別々のクラスになった佃煮屋の若旦那と話すのは久しぶりだった。「彼女とはうまくいってるみたいだね」「あ、別れた」「え、そうなの?ごめん。実は先週、土浦駅近くで若旦那が花柄のワンピースを着た、大人っぽい女性と一緒にいるのを見ちゃったの」「あの日、別れることになったんだ」。バスの窓に急に雨が吹きつけた。駅前で降りると雷雨が二人の頭を叩きつけた。彼は、私の手を掴み「とりあえず、マクドナルドに入ろう」と言った。

若旦那の恋人は二つ年上で、地元の短大に通っている。彼女の父は、若旦那の父の弟で、土浦駅前の商店街に支店を構え繁盛しているという。そんな従姉に縁談があった。相手は、取引先の網元の次男で婿養子に入りたいと積極的な申し出をした。彼女もまんざらでもないのか食事やドライブの誘いを断らない。若旦那もまた従姉との恋愛関係に気付いた親族から別れるよう諭された。なんと言って良いか。一族の事情なので、話を聞いた私も黙り込んだ。ふいに雨の止んだ窓から夕陽が射した。「今なら虹が見えるかも。行こう」と、再び私の手を握った若旦那が走り出す。

土浦港から見えた霞ケ浦の虹は太く濃く間近に見えた。「つくばに架かる虹は、ここから出ていたのね」。若旦那が私の肩を抱き寄せ「キスしてもいい?」と言った。「はぁ?彼氏でもないのに、なんで」「じゃあ、付き合っちゃう?あの虹の脚元近くにレインボーってホテルがあるんだ。今度そこで虹を見ようよ」「それって、ラブホテルでしょ。行ったことあるの?」「可愛いな。本気にした?今日は塾をサボってデートしようよ。ホテルじゃなくてカラオケに行こう」「塾の月謝を払う日だから無理」「真面目なんだね。じゃあ、今度逢ったとき、夕立が降ったらレインボーで雨宿りをしよう。もっと凄い虹が見られるよ」。

塾に着いてからもしばらく鼓動が激しかった。塾をサボってカラオケに行っていたら、何をされたのかとか、心が騒めいた。数日後、別れた恋人から逢いたいとの電話がくるまで若旦那のことが頭から離れなかった。夏休みも近い頃、マクドナルドで時間を潰していたら若旦那がやってきた。「あれから、バスで一緒にならないね。俺の言ったこと気にしてた?」「レインボーに連れ込まれたら困るもの」「悪かったよ。彼女とよりが戻ったから、もうあんなこと言わないよ」「残念、期待してたのに。なんてね。私も別れた彼から連絡が来たの」。何事もなかったかのように笑って別れた。

二年後、大学に進学した私は、ゴールデンウイーク中の土浦を久しぶりに歩いていた。商店街が少し寂れていた。自動販売機の前に若旦那がいた。あっと思った瞬間にジュースの缶を地面に叩きつけた。サイダーが飛沫をあげて吹き出した。彼のジーパンの裾のあたりに虹が立った。声を掛けることが出来ず、引き返した。その場所は、若旦那の従姉の父が経営する支店の近くだった。あの二人の恋は、こじれつつ歪みつつ続いているのだと思った。虹を見る約束をしたのは、私ではなく恋人の従姉だったのだろう。あの夕立の日、塾をサボっていたら、その約束は私にすり替わったのかな。虹が立ちやすい湖畔の街での約束は、叶えられそうで叶わないものとなった。

婚約とは二人で虹を見る約束
山口優夢

作者は、1985年生まれ。俳句甲子園にて、開成高校を優勝に導いた。大学進学後は、東大俳句会にて活躍。大学院時代に角川俳句賞受賞。句集『残像』が話題となった。現在は、読売新聞記者として句作を続けている。妻は、俳人の江渡華子氏。〈野遊びの続きのやうに結婚す 優夢〉学生時代からの交際だ。

東京で暮らす二人は、どこかで虹を見たのだろう。十和田湖近くに生れた恋人は、故郷の虹はもっと大きくて濃いのよと言ったに違いない。「君の故郷の虹を見に行きたい」それが求婚の言葉となった。というのは、私の妄想である。虹というものは、そんなに頻繁に見られるものではない。確かな約束ではないのだ。だけれども、ずっと一緒に居ればいつかは見られる。きっと何度も。

私の友人は、御夫君と登山をするのが趣味だ。二人は仕事の関係で知り合った。大学の山岳部出身の彼より山頂からは円形の虹を見下ろせるという話を聞き、一緒に登山をするようになった。交際の切っ掛けは「君にもあの虹を見せたい」だったとか。高尾山もケーブルカーで登っていた彼女がアルプスの山を足で登っているというから大いに驚いた。恋の力とは恐ろしい。夏場の登山では、雹に見舞われることもある。これも虹を見るためだと頑張った。ところが、いまだに円形の虹を一緒に見たことはないらしい。登山小屋から虹の切れ端を見たぐらいだ。私と同世代の友人は、50歳近くなっても老けないし痩せている。御夫君とも仲が良い。健康的な共通の趣味を持つのは大事だ。それもあるが、円形の虹を一緒に見るという夢があるからだろう。その夢が叶ったとしてもまた、もう一度見る約束をするに違いない。

虹を見る約束とは、その先にあるものを一緒に追い続けるという約束だ。夢とは、叶いそうになると次の夢が生まれる。故郷のつくばで見た虹の先には、海に立つ虹があり、その先にも虹が立つという。そんな果てしない未来への約束なのだ。

篠崎央子


篠崎央子さんの句集『火の貌』はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】
>>〔138〕妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一
>>〔137〕抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき
>>〔136〕啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館
>>〔135〕海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美
>>〔134〕エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ
>>〔133〕卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨
>>〔132〕誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子
>>〔131〕海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作
>>〔130〕鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子
>>〔129〕魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛
>>〔128〕寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子
>>〔127〕純愛や十字十字の冬木立 対馬康子
>>〔126〕冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳
>>〔125〕忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子
>>〔124〕恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人
>>〔123〕クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎
>>〔122〕毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己
>>〔121〕恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子
>>〔120〕デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生
>>〔119〕美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子
>>〔118〕弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦
>>〔117〕にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子
>>〔116〕山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子
>>〔115〕恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子
>>〔114〕あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子
>>〔113〕赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男
>>〔112〕泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治
>>〔111〕耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄
>>〔110〕昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀
>>〔109〕朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石
>>〔108〕秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚
>>〔107〕中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼
>>〔106〕太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也
>>〔105〕冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太
>>〔104〕白衣とて胸に少しの香水を   坊城中子
>>〔103〕きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子
>>〔102〕わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷
>>〔101〕姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ  宇多喜代子
>>〔100〕水喧嘩恋のもつれも加はりて   相島虚吼

   小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  2. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  3. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  4. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  5. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  6. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】…
  7. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  8. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐…

おすすめ記事

  1. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  2. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  3. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  4. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  5. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  6. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  8. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  9. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  10. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀

Pickup記事

  1. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  2. 【冬の季語】忘年会
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  4. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  5. 【新年の季語】歌留多
  6. 【夏の季語】扇風機
  7. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  8. 【春の季語】春
  9. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  10. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
PAGE TOP