夏の季語

【夏の季語】虹

【夏の季語=三夏(5〜7月)】虹

雨が降ったあとなどに現れるアーチ状の七色の帯。

夏の季語とされているのは「夕立」の後あらわれることが多いためである。

「春の虹」、「秋の虹」、「冬の虹」それぞれにも味わいがある。

「初虹」は、晩春の季語とされる。

七十二侯の「虹始見(にじはじめてあらわる)」は清明の末侯、4月中旬に設定されている。


【虹(上五)】
虹消えてすでに無けれどある如く 森田愛子
虹二重神も恋愛したまへり 津田清子
虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男
めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男
虹透きて見ゆわが生の涯までも 野見山朱鳥
虹の足とは不確かに美しき 後藤比奈夫
虹仰ぐ顎が昔のままですね 池田澄子
虹消えて小鳥の屍ながれゆく 高柳克弘

【虹(中七)】
その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
薄つぺらい虹だ子供をさらふには 土井探花
頭痛とは虹を忘れてゆくことさ 土井探花
誰もゐぬ港に虹の立ちにけり    涼野海音

【虹(下五)】
をさなごのひとさしゆびにかかる虹 日野草城
上社より下社の方へ諏訪の虹    屋内松山



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  2. 【春の季語】鶯笛
  3. 【秋の季語】後の月
  4. 【夏の季語】泰山木の花
  5. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  6. 【秋の季語】秋気
  7. 【冬の季語】風花
  8. 【冬の季語】蓮枯る

おすすめ記事

  1. 【春の季語】沈丁花
  2. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  3. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  4. 【冬の季語】冬川
  5. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  6. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  7. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  8. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  9. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
  10. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  3. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  4. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  6. 【冬の季語】冬木立
  7. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  9. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  10. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
PAGE TOP