夏の季語

【夏の季語】虹

【夏の季語=三夏(5〜7月)】虹

雨が降ったあとなどに現れるアーチ状の七色の帯のこと。

夏の季語とされているのは「夕立」の後にあらわれることが多いためである。

とはいえ、「春の虹」、「秋の虹」、「冬の虹」それぞれにも味わいがある。

七十二侯の「虹始見(にじはじめてあらわる)」は清明の末侯、4月中旬に設定されており、「初虹」は、晩春の季語とされている。


【虹(上五)】
虹消えてすでに無けれどある如く 森田愛子
虹二重神も恋愛したまへり 津田清子
虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男
めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男
虹透きて見ゆわが生の涯までも 野見山朱鳥
虹の足とは不確かに美しき 後藤比奈夫
虹仰ぐ顎が昔のままですね 池田澄子
虹消えて小鳥の屍ながれゆく 高柳克弘

【虹(中七)】
その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
薄つぺらい虹だ子供をさらふには 土井探花
頭痛とは虹を忘れてゆくことさ 土井探花
誰もゐぬ港に虹の立ちにけり  涼野海音
婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢

【虹(下五)】
をさなごのひとさしゆびにかかる虹 日野草城
上社より下社の方へ諏訪の虹    屋内松山



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】入梅
  2. 【新年の季語】去年今年
  3. 【冬の季語】時雨
  4. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデ…
  5. 【秋の季語】秋気
  6. 【春の季語】雛
  7. 【新年の季語】正月
  8. 【冬の季語】クリスマスツリー

おすすめ記事

  1. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  2. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  3. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  6. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  7. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  8. 【春の季語】初花
  9. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  10. 【#17】黒色の響き

Pickup記事

  1. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  2. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  3. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  4. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  5. 【春の季語】春めく
  6. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  7. 【新年の季語】松飾る
  8. 【新年の季語】成人の日
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
PAGE TOP