冬の季語

【冬の季語】愛日

【冬の季語=三冬(11〜1月)】愛日

冬の日」のことである。

「春秋左伝‐文公七年」の「趙衰冬日之日也、趙盾夏日之日也」の注に「冬日可愛、夏日可畏」とあるところから、冬の「愛すべき日光」を指す。「畏日」は逆に、夏の強い日差しのこと。

愛の日」は「バレンタインデー」を省略的にいう春の季語である。


【愛日(上五)】

【愛日(中七)】

【愛日(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】朧夜
  2. 【夏の季語】涼し
  3. 【新年の季語】松七日
  4. 【秋の季語】鴨来る
  5. 【新年の季語】七種(七草)
  6. 【秋の季語】秋薔薇
  7. 【冬の季語】ラグビー
  8. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

おすすめ記事

  1. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  2. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  3. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  4. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  6. 【冬の季語】雪掻
  7. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  8. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  9. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  10. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)

Pickup記事

  1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  2. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  3. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  6. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  7. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球
  8. 【夏の季語】シャワー
  9. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  10. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
PAGE TOP