冬の季語

【冬の季語】愛日

【冬の季語=三冬(11〜1月)】愛日

冬の日」のことである。

「春秋左伝‐文公七年」の「趙衰冬日之日也、趙盾夏日之日也」の注に「冬日可愛、夏日可畏」とあるところから、冬の「愛すべき日光」を指す。「畏日」は逆に、夏の強い日差しのこと。

愛の日」は「バレンタインデー」を省略的にいう春の季語である。


【愛日(上五)】

【愛日(中七)】

【愛日(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. 【新年の季語】注連の内
  3. 【春の季語】蜷
  4. 【夏の季語】出梅
  5. 【秋の季語】秋の蛇
  6. 【春の季語】春寒
  7. 【夏の季語】入梅
  8. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

おすすめ記事

  1. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  3. 【春の季語】野に遊ぶ
  4. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  5. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  6. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  7. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  8. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  9. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  10. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  2. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  3. 【秋の季語】月
  4. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  5. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  6. 【冬の季語】枯木立
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  8. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  9. 【冬の季語】冬の滝
  10. 【秋の季語】蛇穴に入る
PAGE TOP