季語・歳時記

【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)

【春の季語=初春(2月)】バレンタインの日(バレンタインデー)

キリスト教圏の祝いで主に欧米で、毎年2月14日に行われるカップルや家族が、愛を伝えあう日とされている。もとは、ローマ皇帝の迫害下で殉教した「聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日」だと、主に西方教会の広がる地域においてかつて伝えられていた。

一方、日本においては「女性が男性にチョコレートを贈る日」とされてきた。しかし、お歳暮やお中元、あるいは年賀状などの互酬的な文化が衰退しつつあるいま、「義理チョコ」は旧時代的なものとみなされつつある。

2018年に、ベルギーのチョコレート会社である「ゴディバ」が「日本は、義理チョコをやめよう。」という意見広告を出したことも、話題となった。

「バレンタイン」だけでは季語にならないという向きもあり、「の日」「デー」まで入れ込むとなれば、かなり音数の多い季語のひとつである。一方、「愛の日」とつづめて使われることもある。


【バレンタインの日(上五)】
バレンタインデー俎に貝の砂 鷹羽狩行
バレンタインの日なり山妻ピアノ弾く 景山筍吉
バレンタインデーカクテルは傘さして 黛まどか
バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子
バレンタインの日に渡すはずだった。 森羽久衣
バレンタインデー父をはげます日となりぬ 小林すみれ
バレンタインデイか海驢の手パタパタ 野口る理

【バレンタインの日(中七)】
いつ渡そバレンタインのチョコレート  田畑美穂女
いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女
毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子
やけに効くバレンタインの日の辛子 三村純也 
私語多きバレンタインの日の授業 藤井啓子

【バレンタインの日(下五)】
盃を遺影にバレンタインの日 影山風子
討論は白熱バレンタインの日 河原地英武
思うてた君とちがへりバレンタイン 仁科淳
風が歯に当たるバレンタインデー 山岸由佳
図書室の脚立やバレンタインデー 神野紗希


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  2. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  3. 【春の季語】雁帰る
  4. 【冬の季語】冬籠
  5. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  6. 【春の季語】雛あられ
  7. 【冬の季語】着ぶくれ
  8. 【春の季語】白梅

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】銀漢
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  3. 【冬の季語】水仙
  4. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  5. 【夏の季語】夏の夢
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  7. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  8. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  10. 【馬の俳句】

Pickup記事

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  2. 【春の季語】立春
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  5. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  7. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  9. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
PAGE TOP