季語・歳時記

【春の季語】山桜

【春の季語=晩春(4月)】山桜

」の一種。ソメイヨシノが広まるまでは桜といえば「山桜」のことであった。

鋭い新葉とともに白い花を開かせる。

吉野山の山桜が最も有名だが、西行を慕って、芭蕉・蕪村・良寛などがこの地を訪れている。


【山桜(上五)】
山桜雪嶺天に声もなし 水原秋桜子
山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平
山ざくら一樹一樹の夕日かな 細見綾子
山桜日は荒海を染めて落つ 齊藤美規

【山桜(中七)】
山又山山桜又山桜 阿波野青畝

【山桜(下五)】
日のあたる色となりゆく山桜 鷹羽狩行
耕人に傾き咲けり山ざくら 大串章
金屏の金の剥落山桜 齋藤愼爾
散ることは消えてゆくこと山桜 山本素竹
縄文のことばのかけら山ざくら 加根兼光

【その他の季語と】
秋の日に似て山櫻咲きにけり 後藤夜半


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春寒し
  2. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  3. 【夏の季語】桐の花
  4. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  5. 【夢の俳句】
  6. 【卵の俳句】
  7. 【冬の季語】冬立つ
  8. 【新年の季語】初日記

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  2. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  3. 【春の季語】東風
  4. 去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子【季語=去年今年(冬)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  6. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  7. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  10. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春寒
  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  4. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  6. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  8. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  9. 【夏の季語】玉虫
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
PAGE TOP