夏の季語

【夏の季語】麦茶/麦湯

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】麦茶/麦湯

芭蕉が生きていた時代に出版されたグルメガイド「本朝食鑑」には、「当今、生麦を香ばしく炒り、麨(むぎこがし)を磨き、篩にかけて粉末にし、夏月、冷水を飲むとき、これを加えて練って服用している。砂糖を和して食べることもある」とあります。

これが広まり、江戸末期には茶店で「麦湯」として親しまれていたようですが、今ではすっかりこちらの言葉は廃れてしまいました。


【麦茶】
麦湯煮て母訪はぬ悔かさねをり 小林康治
冷えてゐる麦茶遅刻をとがめざる 依田明倫
どちらかと言へば麦茶の有難く 稲畑汀子
よき音の氷を浮かべ麦茶かな  長谷川櫂
大薬罐麦茶の熱き麦を出す  守屋明俊

【麦湯】
ひやくひろを通る音ある麦湯かな  高濱虚子
壜に入れて麦湯冷やすや水の中 星野麥丘人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】四月
  2. 【冬の季語】鯨
  3. 【春の季語】野に遊ぶ
  4. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  5. 【秋の季語】末枯
  6. 【冬の季語】毛糸編む
  7. 【春の季語】沈丁花
  8. 【冬の季語】節分

おすすめ記事

  1. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  2. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  4. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  5. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  6. 【秋の季語】草の花
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  9. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  10. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】

Pickup記事

  1. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  2. 【春の季語】猫の子
  3. 【春の季語】春めく
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  6. 【冬の季語】冬帽子
  7. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  8. 【春の季語】杉の花
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  10. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
PAGE TOP