夏の季語

【夏の季語】麦茶/麦湯

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】麦茶/麦湯

芭蕉が生きていた時代に出版されたグルメガイド「本朝食鑑」には、「当今、生麦を香ばしく炒り、麨(むぎこがし)を磨き、篩にかけて粉末にし、夏月、冷水を飲むとき、これを加えて練って服用している。砂糖を和して食べることもある」とあります。

これが広まり、江戸末期には茶店で「麦湯」として親しまれていたようですが、今ではすっかりこちらの言葉は廃れてしまいました。


【麦茶】
麦湯煮て母訪はぬ悔かさねをり 小林康治
冷えてゐる麦茶遅刻をとがめざる 依田明倫
どちらかと言へば麦茶の有難く 稲畑汀子
よき音の氷を浮かべ麦茶かな  長谷川櫂
大薬罐麦茶の熱き麦を出す  守屋明俊

【麦湯】
ひやくひろを通る音ある麦湯かな  高濱虚子
壜に入れて麦湯冷やすや水の中 星野麥丘人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  2. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  3. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  4. 【春の季語】春の野
  5. 【新年の季語】初旅
  6. 【春の季語】雛祭
  7. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  8. 【冬の季語】蕪

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 【冬の季語】裸木
  3. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  4. 【冬の季語】雪
  5. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  6. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  7. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  8. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  9. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  10. 【冬の季語】兎狩

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の塵
  2. 【春の季語】花
  3. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】
  4. 【秋の季語】秋彼岸
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  7. 【冬の季語】毛糸
  8. 数と俳句(四)/小滝肇
  9. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  10. 【冬の季語】短日
PAGE TOP