季語・歳時記

【新年の季語】なまはげ

新年の季語(1月)】なまはげ

【ミニ解説】

秋田県の男鹿半島周辺で行われてきた年中行事。

仮面をつけ藁の衣装をまとった神の使い(来訪神)を指す。

かつては「小正月」(旧暦から新暦に)の行事だったが、現在では「大晦日」の行事となり、年の終わりに、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持ち、なまはげに扮した村人が家々を訪れ「泣ぐ子(ゴ)は居ねがー」「悪い子(ゴ)は居ねがー」と奇声を発しながら練り歩く。

家人は正装をして丁重にこれを出迎え、主人が今年1年の家族のしでかした日常の悪事を釈明するなどした後に酒などをふるまって、送り帰すとされている。最後は「へばなー(津軽弁で「またね」「じゃぁね」の意)」「元気にしろよ〜」と言って出ていく。


【なまはげ(上五)】
なまはげのひとり畦みち帰りけり 小原啄葉
なまはげの去りたる藁を拾ひけり 小畑晴子
なまはげの胸ぬらしけり雪と酒 竹田晶洞
なまはげの台詞鰰にも及ぶ 大辻泥雪 
なまはげの藁落ちてゐる青畳 湯澤誠幸
なまはげのふぐりの揺れてゐるならむ 太田うさぎ
なまはげを乗せトラックの到着す 篠崎央子

【なまはげ(中七)】
藁沓を脱ぎなまはげは酒ねだる 佐川広治

【なまはげ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  2. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  3. 【冬の季語】節分会
  4. 【春の季語】彼岸
  5. 【冬の季語】室咲
  6. 【秋の季語】コスモス
  7. 【春の季語】初蝶
  8. 【夏の季語】入梅

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  2. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  4. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  6. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  7. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  9. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  10. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】

Pickup記事

  1. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  3. 【冬の季語】息白し
  4. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  5. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  6. 【夏の季語】夜の秋
  7. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】
  8. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  9. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
PAGE TOP