冬の季語

【冬の季語】大晦日

【冬の季語=仲冬(12月)】大晦日

【ミニ解説】

大晦日は、1年の最後の日。

天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日(または12月29日)であった。

そのため、「おおみそか=大三十日」と呼ばれる。

漱石が来て虚子が来て大三十日おおみそか 正岡子規

現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日。翌日は新年(1月1日)となる。

「大晦」(おおつごもり)とも呼ばれ、日本では、年神を迎えることにちなむ行事が行われる。

「大年」(おおとし)ともいう。


【大晦日(上五)】
大晦日定めなき世のさだめ哉 井原西鶴
大晦日御免とばかり早寝せる 石塚友二
大晦日犬が犬の尾垂れている 清水哲男

【大晦日(中七)】

【大晦日(下五)】
どこを風が吹くかと寝たり大三十日 小林一茶
父祖の地に闇のしづまる大晦日 飯田蛇笏
袖濡れて硯洗へり大三十日 水原秋櫻子
田園の闇ふかぶかと大晦日 日野草城
長考に結論はなし大晦日 桂信子
火気絶ちて眠るひとりの大晦日 菖蒲あや
牛小屋に牛帰りつぐ大晦日 石田勝彦
ただひとり風の音聞く大晦日 渥美風天
あの枝の光る見にゆく大晦日 如月真菜
ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】涼し
  2. 【新年の季語】人の日
  3. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. 【夏の季語】田植
  6. 【冬の季語】水鳥
  7. 【秋の季語】天高し
  8. 【冬の季語】雪

おすすめ記事

  1. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  2. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  3. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  4. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  6. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  7. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  8. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  9. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  10. 【新年の季語】俎始

Pickup記事

  1. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  4. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  5. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  6. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  9. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  10. 【冬の季語】霜柱
PAGE TOP