季語・歳時記

【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売

【秋の季語=初秋(8月)】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売 

【解説】スイカといえば、熊本ですね。全国出荷量の約2割近くを占めています。ついで多いのが、千葉県、そして山形県。日照時間が長く夜は涼しい、水はけの良い砂地や栄養がある火山灰地質の土地が良いとされています。夏休みなどに浜辺で「スイカ割り」をしたりするのも、夏の風物詩ですね。俳句的には、秋の季語なんですけれど。

【関連季語】南瓜、冬瓜、糸瓜、茘枝、瓢、夕顔の実、西瓜提灯など。


【西瓜】
女形らしく西瓜をたうべける 大場白水郎
西瓜切るや家に水気と色あふれ 西東三鬼
どこにこのしぶとき重さ西瓜抱く 山口誓子
西瓜たべやすきかたちの佝僂われよ 國弘賢治
西瓜より冷きものののぼりけり 松本たかし
ふっと刃を当つる西瓜の赤道や 澁谷道
西瓜真二つわれらは同志今の今 宇多喜代子
大河内伝次郎西瓜まつぷたつ 八木忠栄
西瓜食べながら語れるほどの恋 長山あや
西瓜抱き産まざる乳房潰すなよ 鷹羽狩行
大いなる西瓜の冷えてゐたりけり 行方克巳
塩田の句碑へ西瓜の蔓またぐ 栗田やすし
くらぐらと西瓜の冷えてゐたる家 間村俊一
人の死や西瓜の皮を鯉つつく 小澤實


西瓜食ふまだ机なき兄妹 小川軽舟
三人に見つめられゐて西瓜切る 岩田由美
青空より西瓜へ世界まつぷたつ 鎌倉佐弓
古式ゆかしき切り方でよければ西瓜 櫂未知子
清流をくねらす西瓜冷やしけり 今瀬一博
西瓜から大阪湾のでてきたり 岡田由季
西瓜切る鎖骨に雨の匂いかな 神野紗希
抱き合ふやうに西瓜を渡しけり 野口る理

【西瓜売】
西瓜売り厚き筵をひろげけり 皆川盤水

【西瓜割】
目隠しの中も眼つむる西瓜割 中原道夫
大胆な足の運びの西瓜割り 矢野玲奈


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蟻穴を出づ
  2. 【新年の季語】田遊
  3. 【春の季語】雛人形
  4. 【夏の季語】水着
  5. 【新年の季語】元旦
  6. 【春の季語】東風
  7. 【冬の季語】裸木
  8. 【夏の季語】紫陽花

おすすめ記事

  1. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  2. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  3. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  4. 【新年の季語】小豆粥
  5. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  6. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  7. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  8. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  10. 【秋の季語】秋刀魚

Pickup記事

  1. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球
  2. 【冬の季語】鯨
  3. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  4. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  5. 数と俳句(二)/小滝肇
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  7. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  9. 【春の季語】梅
  10. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
PAGE TOP