季語・歳時記

【春の季語】鰊

【春の季語=三春(2月〜4月)】鰊

かつては3月になると大群をなして北海道の沿岸に押し寄せたため、「春告魚」と呼ばれる。留萌では、雪上でニシン船を引くレースが、地元の冬の風物詩となっている。漁の解禁は2月15日ごろ。

ニシン漁は乱獲によって数は激減した。そのため、にしんも数の子も、輸入物がほとんどという時期もあったが、2023年ごろから国産の数の子の流通量が目立つようになってきている。


【鰊(上五)】
鰊群来たちはだかれる濱びとら 高濱年尾
鰊かな狼煙上げたき昼下がり  櫂未知子

【鰊(中七)】

【鰊(下五)】
唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
韃靼に帰る鳥あり鰊群来 齋藤玄
ひたすらに食うて淋しき鰊かな 岸本尚毅


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  2. 【新年の季語】春七種(春七草)
  3. 【春の季語】余寒
  4. 【夏の季語】葉桜
  5. 【冬の季語】綿虫
  6. 【春の季語】春の月
  7. 【夏の季語】緑蔭
  8. 【冬の季語】鼻水

おすすめ記事

  1. 【春の季語】野に遊ぶ
  2. 【冬の季語】毛糸玉
  3. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  4. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  6. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  7. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  8. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  9. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  10. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】

Pickup記事

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  2. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  3. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  4. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  5. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  8. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  9. 【新年の季語】門の松
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
PAGE TOP