季語・歳時記

【春の季語】春の夜

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の夜

春の夜は「朧夜」になることも多く、ぼんやりと、夢うつつな印象があります。

「春の夜」は「はるのよ」と四音で読むのがクラシック。日常語に近づけると「はるのよる」と五音になります。漢語的な言い回しでは「春夜」、とっぷりと暮れた夜の時間帯は「夜半の春」と呼び分けることもあります。

「春の夜」の俳句といえば、久保田万太郎の〈時計屋の時計春の夜どれがほんと〉がとっても有名。

春の夜の短歌といえば、〈ハーブティーにハーブ煮えつつ春の夜の嘘つきはどらえもんのはじまり〉(穂村弘)。作者は、「春の夜の感覚は、ドラえもんのポケットからは何でも出てくるというその全能感」と語っています(穂村弘、山田航『世界中が夕焼け 穂村弘の短歌の秘密』)。


【春の夜(上五)】
春の夜の汝が呱々の聲いまも新た 中村草田男
春の夜や女に飲ます陀羅尼助 川端茅舎
春の夜のつめたき掌なりかさねおく 長谷川素逝
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太
春の夜や浮世絵の虚と実の間 杉良介
春の夜の五右衛門風呂を召せといふ 神蔵 器
春の夜や皿洗はれて重ねられ 川崎展宏
春の夜の細螺の遊きりもなし 大石悦子
春の夜や犬の寝息とアイロンと 後藤雅文
春の夜のおもりのような腕時計 津田このみ
春の夜や朽ちてゆくとは匂ふこと ふけとしこ
春の夜の子の音読を聴いてをり 上野山明子
春の夜や湯船に女煙草吸ふ 榮猿丸
春の夜の絵本の山を崩し読む 甲斐のぞみ

【春の夜(中七)】
時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎
キャベジンや春の夜に浮く観覧車 藤田俊

【春の夜(下五)】
地球より外に出でたし春の夜は 鳥居三朗


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蓮根掘る
  2. 【冬の季語】ラグビー
  3. 【冬の季語】八手の花
  4. 【夏の季語】夏の蝶
  5. 【春の季語】春灯
  6. 【新年の季語】七日
  7. 【夏の季語】夏の夢
  8. 【春の季語】啄木忌

おすすめ記事

  1. 大金をもちて茅の輪をくぐりけり 波多野爽波【季語=茅の輪(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  3. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  4. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  6. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  7. 【春の季語】白魚
  8. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  9. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  10. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】読初
  2. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  3. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  4. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  6. 【春の季語】涅槃図
  7. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  8. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  9. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  10. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
PAGE TOP