季語・歳時記

【春の季語】春の夜

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の夜

春の夜は「朧夜」になることも多く、ぼんやりと、夢うつつな印象があります。

「春の夜」は「はるのよ」と四音で読むのがクラシック。日常語に近づけると「はるのよる」と五音になります。漢語的な言い回しでは「春夜」、とっぷりと暮れた夜の時間帯は「夜半の春」と呼び分けることもあります。

「春の夜」の俳句といえば、久保田万太郎の〈時計屋の時計春の夜どれがほんと〉がとっても有名。

春の夜の短歌といえば、〈ハーブティーにハーブ煮えつつ春の夜の嘘つきはどらえもんのはじまり〉(穂村弘)。作者は、「春の夜の感覚は、ドラえもんのポケットからは何でも出てくるというその全能感」と語っています(穂村弘、山田航『世界中が夕焼け 穂村弘の短歌の秘密』)。


【春の夜(上五)】
春の夜の汝が呱々の聲いまも新た 中村草田男
春の夜や女に飲ます陀羅尼助 川端茅舎
春の夜のつめたき掌なりかさねおく 長谷川素逝
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太
春の夜や浮世絵の虚と実の間 杉良介
春の夜の五右衛門風呂を召せといふ 神蔵 器
春の夜や皿洗はれて重ねられ 川崎展宏
春の夜の細螺の遊きりもなし 大石悦子
春の夜や犬の寝息とアイロンと 後藤雅文
春の夜のおもりのような腕時計 津田このみ
春の夜や朽ちてゆくとは匂ふこと ふけとしこ
春の夜の子の音読を聴いてをり 上野山明子
春の夜や湯船に女煙草吸ふ 榮猿丸
春の夜の絵本の山を崩し読む 甲斐のぞみ

【春の夜(中七)】
時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎
キャベジンや春の夜に浮く観覧車 藤田俊

【春の夜(下五)】
地球より外に出でたし春の夜は 鳥居三朗


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】着ぶくれ
  2. 【秋の季語】秋の蝶
  3. 【春の季語】子猫
  4. 【新年の季語】初句会
  5. 【夏の季語】たかんな
  6. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  7. 【春の季語】早春
  8. 【夏の季語】滝

おすすめ記事

  1. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  2. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  3. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  4. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  5. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  7. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  8. 【新年の季語】元旦
  9. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  10. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  2. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  3. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  6. 動かない方も温められている 芳賀博子
  7. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  10. コンゲツノハイク(結社推薦句)【3月5日締切】
PAGE TOP