【秋の季語】芋虫

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】残暑/残る暑さ 秋暑し 秋暑

【解説】チョウやガの幼虫のうち、顕著な毛や棘が体表にないもの。円筒形の体に、疣足(いぼあし)を持っている。漢字で「蜀」とも書くが、俳句では滅多に用いない。

【関連季語】芋、芋の秋、芋茎など。

【芋虫】
命かけて芋虫憎む女かな      高浜虚子
芋虫の一夜の育ち恐ろしき      高野素十
芋虫のしづかなれども憎みけり   山口誓子
芋虫にして乳房めく足も見す      山西雅子
彼岸花にも芋虫の這ひ移る      岸本尚毅
筆箱に芋虫を入れ登校す      山崎祐子
芋虫のまはり明るく進みをり     小澤實
一匹の芋虫にぎやかにすすむ    月野ぽぽな

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る