季語・歳時記

【秋の季語】芋虫

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】残暑/残る暑さ 秋暑し 秋暑

【解説】チョウやガの幼虫のうち、顕著な毛や棘が体表にないもの。円筒形の体に、疣足(いぼあし)を持っている。漢字で「蜀」とも書くが、俳句では滅多に用いない。

【関連季語】芋、芋の秋、芋茎など。

【芋虫】
命かけて芋虫憎む女かな      高浜虚子
芋虫の一夜の育ち恐ろしき      高野素十
芋虫のしづかなれども憎みけり   山口誓子
芋虫にして乳房めく足も見す      山西雅子
彼岸花にも芋虫の這ひ移る      岸本尚毅
筆箱に芋虫を入れ登校す      山崎祐子
芋虫のまはり明るく進みをり     小澤實
一匹の芋虫にぎやかにすすむ    月野ぽぽな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】十一月
  2. 【秋の季語】檸檬
  3. 【冬の季語】枇杷の花
  4. 【夏の季語】出梅
  5. 【夏の季語】筍
  6. 【冬の季語】聖菓
  7. 【馬の俳句】
  8. 【冬の季語】短日

おすすめ記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  2. 【春の季語】巣箱
  3. 数と俳句(四)/小滝肇
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  5. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  6. 楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男【季語=夏雲(夏)】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  8. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  9. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  10. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 

Pickup記事

  1. 【冬の季語】白鳥
  2. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  3. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  4. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  5. 【冬の季語】冬立つ
  6. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  7. 【新年の季語】獅子舞
  8. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  9. 【春の季語】山桜
  10. 【春の季語】春の塵
PAGE TOP