冬の季語

【冬の季語】歳晩

【冬の季語=仲冬(12月)】歳晩

1年の最後のころ、すなわち「年末」「歳末」のこと。「年の暮」とも。


【歳晩(上五)】
歳晩の淋しき顔に突き當る 高浜年尾
歳晩やセキセイインコ空の色 加藤かな文
歳晩の人の両手がポケットに 茅根知子
歳晩の青空の窓さつと拭く 浅川芳直

【歳晩(中七)】
眼鏡くもらせて歳晩海へも来る 林田紀音夫

【歳晩(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】春の七種(七草)
  2. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  3. 【春の季語】夜桜
  4. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  5. 【冬の季語】暮早し
  6. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  7. 【冬の季語】浮寝鳥
  8. 【冬の季語】春を待つ

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  3. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  4. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  5. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  6. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  8. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  9. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  10. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】

Pickup記事

  1. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  2. 【春の季語】黄水仙
  3. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  4. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  5. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  7. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  8. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  9. 【春の季語】雛人形
  10. 【夏の季語】百合
PAGE TOP