冬の季語

【冬の季語】冬林檎

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬林檎

【ミニ解説】

林檎」の収穫は秋本番ゆえに、秋の季語。

しかし収穫後に凍結しない程の低温に貯蔵して冬にも出荷される。


【冬林檎(上五)】
冬林檎生きかへり来し笑らしき 小池文子
冬林檎宇宙ひろがる話して 鎌倉佐弓

【冬林檎(中七)】
ひらめくや冬の林檎を割るごとく 津川絵理子

【冬林檎(下五)】
不平あらば壁に擲て寒林檎 日野草城
病者あれば小さき幸欲し冬林檎 角川源義
誰も来ずや仰臥あそばす冬林檎 藤田湘子
愛するためふたつ眼をもつ冬林檎 寺田京子
あかあかと柩の底に冬林檎 藺草慶子
小さき嘘覚え初めたる冬林檎 吉田哲二
胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋の蛇
  2. 【夏の季語】サングラス
  3. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  4. 【冬の季語】春近し
  5. 【冬の季語】クリスマス
  6. 【冬の季語】探梅
  7. 【春の季語】雛人形
  8. 【冬の季語】冬の猫

おすすめ記事

  1. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  3. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  4. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  5. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  7. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  8. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  9. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  10. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄

Pickup記事

  1. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  2. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  3. 【冬の季語】冬の蝶
  4. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  7. 【冬の季語】聖夜
  8. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  9. 【冬の季語】人参
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
PAGE TOP