季語・歳時記

【春の季語】浜下り

【春の季語=晩春(4月)】浜下り

沖縄季語のひとつ。「はまうり」と読む。

旧暦3月3日の大潮のころに、与那国島から奄美大島までの「南島」で古来行われてきた「男子禁制」の行事。娘たちの無病息災を願う、女性の節句とされており、一家で揃って浜辺に出て、敷物を敷いて、ご馳走を食べつつ、歌い、踊る。

「アカマタ」という大蛇が見目麗しい青年に化けて、村の美しい娘をかどわかしたという教訓的な昔話に由来するともいわれる。アカマタの赤子を身ごもったことを母娘がユタに相談したところ、旧暦3月3日に海水に身を浸して「穢れ」を落とすことで、身ごもったアカマタの赤子を海に流した(流産した)という話が残る。

遠浅が広がる沖縄市の泡瀬干潟などでは、毎年たくさんの家族連れが「潮干狩」を楽しむ姿も見られる。


【浜下り(上五)】
浜下りや自我の分だけ砂きしむ となきはるみ

【浜下り(中七)】

【浜下り(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】残暑
  2. 【春の季語】啄木忌
  3. 【春の季語】魚氷に上る
  4. 【新年の季語】小正月
  5. 【秋の季語】秋薔薇
  6. 【秋の季語】後の月
  7. 【冬の季語】鬼やらい
  8. 【冬の季語】古暦

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋蝶
  2. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  5. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  6. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  7. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  10. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

Pickup記事

  1. 【冬の季語】鯛焼
  2. 【秋の季語】蛇穴に入る
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  5. 【夏の季語】夏蝶
  6. 【夏の季語】蝸牛
  7. 【冬の季語】凩(木枯)
  8. 【春の季語】霞
  9. 【春の季語】旧正
  10. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
PAGE TOP