季語・歳時記

【春の季語】紙風船

【春の季語=三春(2月〜4月)】紙風船

五色の紙を張り合わせたものが多い。


【紙風船(上五)】
紙風船紙の音してふくらみぬ 伏見清美
紙風船突くやいつしか立ちあがり 村上喜代子
紙風船息吹き入れてかへしやる 西村和子
紙風船白寿の母の手に返す 山田和子
紙風船病ひの息を足しにけり 竹内洋平

【紙風船(中七)】
天が下に風船売となりにけり 三橋鷹女
つめたかり紙風船の銀の口 田代青山
すぐ飽きて紙風船が部屋の隅 土肥あき子

【紙風船(下五)】
日曜といふさみしさの紙風船 岡本眸
ふくらめばおのづと離れ紙風船 岡本眸
三歳と百歳の息紙風船 原槙恭子
荒海の佐渡のみやげや紙風船 長谷川櫂
三度目の息が余りて紙風船 佐怒賀直美

【ほかの季語と】
友二忌や紙風船の白と赤 星野麥丘人
紙風船春近き子の息封ず 伊丹三樹彦


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【馬の俳句】
  2. 【春の季語】四月馬鹿
  3. 【冬の季語】ストーブ
  4. 【冬の季語】古暦
  5. 【夏の季語】玉虫
  6. 【秋の季語】秋分
  7. 【新年の季語】松七日
  8. 【春の季語】鴨帰る

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  2. 【冬の季語】手袋
  3. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  4. かなしみへけん命になる螢でいる 平田修【季語=螢(夏)】
  5. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  6. 【秋の季語】朝顔
  7. 【冬の季語】冬林檎
  8. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  9. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  10. 【冬の季語】立冬

Pickup記事

  1. 【冬の季語】暮早し
  2. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  3. 【春の季語】卒業す
  4. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  5. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  6. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング
  7. 【春の季語】雲雀
  8. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  9. 【春の季語】菜の花
  10. 【夏の季語】香水
PAGE TOP