季語・歳時記

【新年の季語】注連の内

新年の季語(1月)】注連の内

【ミニ解説】

注連飾りを飾っておく期間。

関東では七日まで、関西では十五日まで。


【注連の内(上五)】
注連の内狂士の蒲団被くあり 尾崎紅葉

【注連の内(中七)】

【注連の内(下五)】
鎌倉は古き都や注連の内 高浜虚子
ふるさとの室の八島も注連の内 黒田杏子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】元旦
  2. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  3. 【秋の季語】霧
  4. 【春の季語】石鹸玉
  5. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  6. 【夏の季語】玉虫
  7. 【春の季語】早春
  8. 【秋の季語】秋山

おすすめ記事

  1. 【春の季語】花
  2. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  4. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  5. 【春の季語】子猫
  6. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  7. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  8. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  9. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  10. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】

Pickup記事

  1. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  2. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  3. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  4. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  5. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  6. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  7. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  9. 【春の季語】海市
  10. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
PAGE TOP