季語・歳時記

【新年の季語】門松

新年の季語(1月)】門松

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。

「門の松」「松飾り」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【門松(上五)】
門松やおもへば一夜三十年 芭蕉
門松やうしろに笑ふ武庫の山 鬼貫
門松や我にうかりし人の門 高浜虚子
門松や月明らかに応へ無し 渡辺水巴
門松の笹のふれあひ隣り合ひ 下田実花
門松のすこしゆがんでいる日向 桂信子

【門松(中七)】
大いなる門松日本の星宿る 中村草田男

【門松(下五)】
みづほ高きに素十低きに門松を 高濱年尾


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】コスモス
  2. 【春の季語】菜の花
  3. 【秋の季語】新酒/今年酒
  4. 【冬の季語】寒の内
  5. 【冬の季語】南天の実
  6. 【春の季語】二月尽
  7. 【冬の季語】日向ぼっこ
  8. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の塵
  2. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  3. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  4. 【春の季語】春風
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  6. 【新年の季語】松の内
  7. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  8. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  9. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  10. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

Pickup記事

  1. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  2. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  3. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  4. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  5. 【夢の俳句】
  6. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  7. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  8. 【春の季語】雛祭
  9. 【夏の季語】夏の夢
  10. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
PAGE TOP