季語・歳時記

【新年の季語】門松

新年の季語(1月)】門松

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。

「門の松」「松飾り」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【門松(上五)】
門松やおもへば一夜三十年 芭蕉
門松やうしろに笑ふ武庫の山 鬼貫
門松や我にうかりし人の門 高浜虚子
門松や月明らかに応へ無し 渡辺水巴
門松の笹のふれあひ隣り合ひ 下田実花
門松のすこしゆがんでいる日向 桂信子

【門松(中七)】
大いなる門松日本の星宿る 中村草田男

【門松(下五)】
みづほ高きに素十低きに門松を 高濱年尾


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】追儺
  2. 【冬の季語】枇杷の花
  3. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  4. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  5. 【冬の季語】花八手
  6. 【秋の季語】末枯
  7. 【夏の季語】梅雨の月
  8. 【冬の季語】狐

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  2. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  3. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  5. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  6. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  7. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  8. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  9. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  10. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】

Pickup記事

  1. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  2. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  3. 【春の季語】花
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  5. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  6. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  7. 【冬の季語】大年
  8. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  9. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
PAGE TOP