季語・歳時記

【新年の季語】松飾

新年の季語(1月)】松飾

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。

「松飾り」と「り」を送る場合も多い。動詞で「松飾る」と使うこともある。

門松」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【松飾(上五)】
松飾しんしん青し兵に書く 三橋鷹女
松飾その他も略すつねのこと 石塚友二
松飾り小ぶりよ海女の消えし戸に 鍵和田秞子

【松飾(中七)】

【松飾(下五)】
幾霜に心ばせをの松かざり 芭蕉
呉竹の根岸の里や松飾り 正岡子規
大いなる門のみ残り松飾り 高濱虚子
ふりいでし雪の中なる松飾 久保田万太郎
雪ふかくヒユツテの戸あり松飾 水原秋櫻子
母の無き仔馬柱に松飾り 中村草田男
一人子と閑かに住めり松飾 日野草城
行きずりの日の懐かしさ松飾 林田紀音夫
吹かれゐし白魚舟の松飾 斎藤夏風
流寓にして大ぶりの松飾り 鷹羽狩行
あをあをと門の間や松飾 中西亮太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】鮟鱇
  2. 【夏の季語】日傘
  3. 【新年の季語】松納
  4. 【夏の季語】涼しい
  5. 【春の季語】四月
  6. 【冬の季語】凍蝶
  7. 【冬の季語】冬日
  8. 【冬の季語】冬蟹

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  2. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  3. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  4. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  5. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】
  6. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  7. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  8. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  9. 【春の季語】日永
  10. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

Pickup記事

  1. 【卵の俳句】
  2. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  4. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  5. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  6. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  7. 【新年の季語】人日
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  9. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  10. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
PAGE TOP