季語・歳時記

【新年の季語】松飾

新年の季語(1月)】松飾

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。

「松飾り」と「り」を送る場合も多い。動詞で「松飾る」と使うこともある。

門松」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【松飾(上五)】
松飾しんしん青し兵に書く 三橋鷹女
松飾その他も略すつねのこと 石塚友二
松飾り小ぶりよ海女の消えし戸に 鍵和田秞子

【松飾(中七)】

【松飾(下五)】
幾霜に心ばせをの松かざり 芭蕉
呉竹の根岸の里や松飾り 正岡子規
大いなる門のみ残り松飾り 高濱虚子
ふりいでし雪の中なる松飾 久保田万太郎
雪ふかくヒユツテの戸あり松飾 水原秋櫻子
母の無き仔馬柱に松飾り 中村草田男
一人子と閑かに住めり松飾 日野草城
行きずりの日の懐かしさ松飾 林田紀音夫
吹かれゐし白魚舟の松飾 斎藤夏風
流寓にして大ぶりの松飾り 鷹羽狩行
あをあをと門の間や松飾 中西亮太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】銀漢
  2. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  3. 【春の季語】惜春
  4. 【春の季語】流氷
  5. 【夏の季語】涼し
  6. 【冬の季語】大晦日
  7. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  8. 【夏の季語】髪洗う

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 【夢の俳句】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター
  4. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  5. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  7. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  8. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】
  9. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  10. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  2. 【冬の季語】風邪
  3. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  4. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  5. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  6. 【夏の季語】涼しさ
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  8. 【新年の季語】初旅
  9. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】
  10. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
PAGE TOP