夏の季語

【夏の季語】夏の蝶

【夏の季語=三夏(5月~7月)】夏の蝶

夏蝶」ともいう。「揚羽蝶」「黒揚羽」など。

梅雨」の時期の蝶は「梅雨の蝶」「梅雨蝶」と呼び分ける。

単に「」と呼べば春の季語。秋なら「秋の蝶」、冬ならば「冬の蝶」となる。


【夏の蝶(上五)】
夏の蝶一路緑樹に御苑かな 松根東洋城
夏の蝶日かげ日なたと飛びにけり 高浜虚子

【夏の蝶(下五)】
山の子に翅きしきしと夏の蝶 秋元不死男
礎石よりけぶらひ立てつ夏の蝶 原裕

【その他】
乱心のごとき真夏の蝶を見よ 阿波野青畝



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】噴水
  2. 【冬の季語】鼻水
  3. 【秋の季語】秋分
  4. 【冬の季語】炬燵
  5. 【新年の季語】歌留多会
  6. 【冬の季語】寒夕焼
  7. 【春の季語】引鴨
  8. 【冬の季語】大年

おすすめ記事

  1. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  2. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  3. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  4. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  5. 【秋の季語】秋高し
  6. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  7. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  8. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  9. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  10. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

Pickup記事

  1. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  3. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  4. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  7. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  8. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  9. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  10. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
PAGE TOP