夏の季語

【夏の季語】梅雨

春から盛夏への季節が移り変わる時期に、雨や曇りの日が多く現れる季節現象。

梅雨前線が四国付近で停滞して活発化すると、大雨で「出水」などの災害が発生する反面、夏期の渇水に対しては「喜雨」となる。

梅雨がはじまることは「梅雨入」、明けること「梅雨明」と呼ぶが、明確な一日が定まるとは限らず、気象庁が発表を撤回することもある。


【梅雨(上五)】
梅雨の海静かに岩をぬらしけり 前田普羅
青梅雨の昼の浴槽あふれしむ  正木ゆう子
梅雨鯰利口な奴が増えてゐる 横沢哲彦
梅雨曇りキリンのような恋人と なつはづき
梅雨兆す汐入川の匂ひかな 杉原祐之
梅雨おんな闇の国から踊りでて 加藤知子
梅雨寒し忍者は二時に眠くなる 野口る理
梅雨暗く根菜類を唐揚に 生駒大祐

【梅雨(中七)】
船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟
さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝
抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太
点滴や梅雨満月の高さより 石 寒太
逝く父の呼びしか梅雨の闇に覚め 舘野豊

【梅雨(下五)】
ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子
「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男
おもてから夕刊が来て梅雨ふかし  八田木枯
黒々と碧の遺墨や梅雨の寺 栗田やすし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】紅梅
  2. 【秋の季語】朝顔
  3. 【夏の季語】たかんな
  4. 【春の季語】旧正月
  5. 【夢の俳句】
  6. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  7. 【冬の季語】日記買う
  8. 【冬の季語】忘年会

おすすめ記事

  1. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  2. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  3. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  4. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  5. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  6. 【夏の季語】父の日
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  8. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  9. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  10. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

Pickup記事

  1. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  2. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  3. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【冬の季語】冬
  6. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  7. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  8. 【新年の季語】初厨
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  10. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
PAGE TOP