夏の季語

【夏の季語】梅雨

春から盛夏への季節が移り変わる時期に、雨や曇りの日が多く現れる季節現象。

梅雨前線が四国付近で停滞して活発化すると、大雨で「出水」などの災害が発生する反面、夏期の渇水に対しては「喜雨」となる。

梅雨がはじまることは「梅雨入」、明けること「梅雨明」と呼ぶが、明確な一日が定まるとは限らず、気象庁が発表を撤回することもある。


【梅雨(上五)】
梅雨の海静かに岩をぬらしけり 前田普羅
青梅雨の昼の浴槽あふれしむ  正木ゆう子
梅雨鯰利口な奴が増えてゐる 横沢哲彦
梅雨曇りキリンのような恋人と なつはづき
梅雨兆す汐入川の匂ひかな 杉原祐之
梅雨おんな闇の国から踊りでて 加藤知子
梅雨寒し忍者は二時に眠くなる 野口る理
梅雨暗く根菜類を唐揚に 生駒大祐

【梅雨(中七)】
船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟
さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝
抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太
点滴や梅雨満月の高さより 石 寒太
逝く父の呼びしか梅雨の闇に覚め 舘野豊

【梅雨(下五)】
ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子
「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男
おもてから夕刊が来て梅雨ふかし  八田木枯
黒々と碧の遺墨や梅雨の寺 栗田やすし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】サングラス
  2. 【夏の季語】鮎
  3. 【冬の季語】悴む
  4. 【春の季語】屋根替
  5. 【冬の季語】雪折
  6. 【夏の季語】父の日
  7. 【夏の季語】汗
  8. 【春の季語】春雪

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  2. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  3. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  5. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  6. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  7. 【春の季語】啄木忌
  8. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  9. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  10. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】寒
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  3. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  4. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  8. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  9. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
PAGE TOP