ハイクノミカタ

抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】


抱く吾子も梅雨の重みといふべしや

飯田龍太

『百戸の谿』(1954年)には、複数の「梅雨」の句が収められているが、この句が最も有名な句だろう。飯田龍太は1920年生まれなので、第一句集刊行時は30代半ば。龍太には〈春蝉にわが身をしたふものを抱き〉という句もあるが、こちらは兄の子(公子)である。

掲出句は1951年の作で「吾子」は、前年に生まれた次女純子。みずからの子を抱くときの「重さ」は、1956年にこの純子が急死したことを思うとき、いっそう強く感じられる。いずれ死ぬことがわかっている「子」を抱いているシーンは、たとえそれが俳句にすぎなかったとしても、写真や映像と同じように、切ない。

そのような「切なさ」を生み出しているのは、事後的な作者の人生の歩みであるけれど、それもまた「句」の一部をなしている。表現のうえでいえば、「いふべしや」という少し古風な流し方は、和装で山廬に立つ龍太の姿を思うときに、いかにもという感じを受ける。

このような言い回しは、おそらく戦後の生活のスタイルの洋風化とともに、手放さざるをえなかったように思う。その意味では二重にも三重にも、この句は「失われてしまったもの」の重さが感じられる句もである。いま、小さな娘を育てている私にとっても。

ところで今年2020年は、コロナ禍に見舞われているなかではあるが、飯田龍太の生誕100周年である。総合誌などでも特集が予定されている。『飯田龍太全句集』が文庫版で出版されたことにより、より手軽に龍太の句業を振り返ることができそうだ。

龍太全句集はそれなりの重さである。

これもまた、梅雨の重みというべしや。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  2. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)…
  3. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  4. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)…
  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  6. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  7. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  8. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】

おすすめ記事

  1. 【馬の俳句】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  3. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  4. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  5. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  6. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  7. 【夏の季語】ハンカチ
  8. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
  9. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて

Pickup記事

  1. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  2. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  3. 【秋の季語】九月
  4. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  5. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  6. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  7. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  8. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】
  9. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
PAGE TOP