ハイクノミカタ

抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】


抱く吾子も梅雨の重みといふべしや

飯田龍太

『百戸の谿』(1954年)には、複数の「梅雨」の句が収められているが、この句が最も有名な句だろう。飯田龍太は1920年生まれなので、第一句集刊行時は30代半ば。龍太には〈春蝉にわが身をしたふものを抱き〉という句もあるが、こちらは兄の子(公子)である。

掲出句は1951年の作で「吾子」は、前年に生まれた次女純子。みずからの子を抱くときの「重さ」は、1956年にこの純子が急死したことを思うとき、いっそう強く感じられる。いずれ死ぬことがわかっている「子」を抱いているシーンは、たとえそれが俳句にすぎなかったとしても、写真や映像と同じように、切ない。

そのような「切なさ」を生み出しているのは、事後的な作者の人生の歩みであるけれど、それもまた「句」の一部をなしている。表現のうえでいえば、「いふべしや」という少し古風な流し方は、和装で山廬に立つ龍太の姿を思うときに、いかにもという感じを受ける。

このような言い回しは、おそらく戦後の生活のスタイルの洋風化とともに、手放さざるをえなかったように思う。その意味では二重にも三重にも、この句は「失われてしまったもの」の重さが感じられる句もである。いま、小さな娘を育てている私にとっても。

ところで今年2020年は、コロナ禍に見舞われているなかではあるが、飯田龍太の生誕100周年である。総合誌などでも特集が予定されている。『飯田龍太全句集』が文庫版で出版されたことにより、より手軽に龍太の句業を振り返ることができそうだ。

龍太全句集はそれなりの重さである。

これもまた、梅雨の重みというべしや。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  2. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  3. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  4. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】…
  5. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  6. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  7. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  8. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】着ぶくれ
  2. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  3. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 【冬の季語】冬薔薇
  6. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  7. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  9. 【冬の季語】煤逃
  10. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】

Pickup記事

  1. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  2. 【秋の季語】秋気
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  4. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  7. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  8. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  9. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
PAGE TOP