季語・歳時記

【春の季語】海苔

【春の季語=初春(2月)】海苔

現在ではいつでもスーパーなどで手軽に買えるが、初摘み(=「新海苔」)は11月から12月、その後3月中旬頃まで二番摘み、三番摘みと順々に行われてゆく。水温が低ければ低いほど栄養豊かで良いものができるため、寒い冬は喜ばれ、俳句では「初春」の季語とされている。

毎日将軍家に鮮魚を献上しなければならなかった江戸の漁師が、冬になると生簀にたくさんの海苔が生えることに気づいて、養殖をはじめたとされるのが、芭蕉(1644-1694)も生きた貞享・元禄年間(1684~1703年)。「武江年表」によれば、大森で海苔養殖が始まったと記されている。

芭蕉が〈衰ひや歯に喰ひあてし海苔の砂〉と詠んでいたころは、江戸の最新流行のひとつであったということになる。


【海苔(上五)】
海苔焼いて三人の子にわかちけり 久保田万太郎
海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作
海苔掻きて森より帰り来るごとし 山口誓子
海苔とりの水を蹴立てて歩きけり 上野泰
海苔を搔く疎開のままに縁付きて 品川鈴子
海苔舟の梅丸といふ繋がるゝ 今井杏太郎
海苔粗朶の縦列富士を要とす 大屋達治

【海苔(中七)】
荷を解けば浅草海苔の匂ひ哉 正岡子規

【海苔(下五)】
独り来て鵜に近々と海苔あらふ 佐野まもる

【ほかの季語と】
海苔干して居る女等の著ぶくれて 高濱年尾
おにぎりに海苔巻く係文化祭 金子敦


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】春近し
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 【冬の季語】古暦
  4. 【秋の季語】霧
  5. 【春の季語】芹
  6. 【秋の季語】穴惑
  7. 【夏の季語】水着
  8. 【春の季語】彼岸

おすすめ記事

  1. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  2. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  3. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  4. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  6. 【冬の季語】冬滝
  7. 【夏の季語】シャワー
  8. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  9. 【春の季語】雛祭
  10. 【春の季語】風光る

Pickup記事

  1. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  2. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  3. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  4. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  5. 【冬の季語】冬うらら
  6. 【春の季語】囀る
  7. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  8. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  9. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  10. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
PAGE TOP