季語・歳時記

【春の季語】海苔

【春の季語=初春(2月)】海苔

現在ではいつでもスーパーなどで手軽に買えるが、初摘み(=「新海苔」)は11月から12月、その後3月中旬頃まで二番摘み、三番摘みと順々に行われてゆく。水温が低ければ低いほど栄養豊かで良いものができるため、寒い冬は喜ばれ、俳句では「初春」の季語とされている。

毎日将軍家に鮮魚を献上しなければならなかった江戸の漁師が、冬になると生簀にたくさんの海苔が生えることに気づいて、養殖をはじめたとされるのが、芭蕉(1644-1694)も生きた貞享・元禄年間(1684~1703年)。「武江年表」によれば、大森で海苔養殖が始まったと記されている。

芭蕉が〈衰ひや歯に喰ひあてし海苔の砂〉と詠んでいたころは、江戸の最新流行のひとつであったということになる。


【海苔(上五)】
海苔焼いて三人の子にわかちけり 久保田万太郎
海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作
海苔掻きて森より帰り来るごとし 山口誓子
海苔とりの水を蹴立てて歩きけり 上野泰
海苔を搔く疎開のままに縁付きて 品川鈴子
海苔舟の梅丸といふ繋がるゝ 今井杏太郎
海苔粗朶の縦列富士を要とす 大屋達治

【海苔(中七)】
荷を解けば浅草海苔の匂ひ哉 正岡子規

【海苔(下五)】
独り来て鵜に近々と海苔あらふ 佐野まもる

【ほかの季語と】
海苔干して居る女等の著ぶくれて 高濱年尾
おにぎりに海苔巻く係文化祭 金子敦


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】林檎
  2. 【冬の季語】熊穴に入る
  3. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  4. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  5. 【秋の季語】鵙の贄
  6. 【秋の季語】秋の風
  7. 【新年の季語】なまはげ
  8. 【春の季語】三椏の花

おすすめ記事

  1. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  2. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  3. 【冬の季語】春隣
  4. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  5. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  7. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  8. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火

Pickup記事

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  3. 【冬の季語】小寒
  4. 【春の季語】花
  5. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  6. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  7. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  8. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  9. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  10. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
PAGE TOP