冬の季語

【冬の季語】手袋

【冬の季語=三冬(11〜1月)】手袋

俳句では「寒さ」から手を守るために、手をを覆う防寒具のことを指す。

手袋をつけていることによりものを掴みにくくなったり、スマホが操作できなくなったりするため、外すのだが、そのうち落としたことに気づかず、片手しか残っていないこともある。

また逆に路上で片手だけの手袋が落ちていることを見つけることも多い。


【手袋(上五)】
手袋合掌させて蔵いし会いたきなり 寺田京子
手袋に手袋重ねおく昼餉  麻里伊
手袋は手のかたちゆゑ置き忘る 猪村直樹
手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬
手袋を重ね話の噛み合はぬ  土肥あき子
手袋に手の入りしまま落ちてゐる 澤田和弥
手袋のままで証明写真撮る  藤田俊
手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直

【手袋(中七)】
漂へる手袋のある運河かな 高野素十
二礼二拍手手袋を買うつもり 池田澄子
剥ぎ取りて皮手袋や裏返る 榮猿丸
ひだまりを手袋がすり抜けてゆく 鴇田智哉
嵌めて鳴る革手袋や月曜来 相子智恵
片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵

【手袋(下五)】
夕日いま忘れられたる手袋に 林誠司

【自由律】
さよならのかたちのまま手袋を脱ぐ 松田畦道
手袋なくしたことにして長い坂道  山本弘美


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】雛人形
  2. 【秋の季語】銀漢
  3. 【春の季語】春二番
  4. 【冬の季語】毛糸
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  7. 【冬の季語】鴨
  8. 【春の季語】葱坊主

おすすめ記事

  1. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  2. 【冬の季語】鮟鱇
  3. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  4. 【春の季語】薄氷
  5. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  6. 【夏の季語】クーラー
  7. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  8. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  9. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  10. 【春の季語】復活祭

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  2. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  3. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  4. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  5. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  6. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  7. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  8. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】
  10. 【秋の季語】九月
PAGE TOP