冬の季語

【冬の季語】手袋

【冬の季語=三冬(11〜1月)】手袋

俳句では「寒さ」から手を守るために、手をを覆う防寒具のことを指す。

手袋をつけていることによりものを掴みにくくなったり、スマホが操作できなくなったりするため、外すのだが、そのうち落としたことに気づかず、片手しか残っていないこともある。

また逆に路上で片手だけの手袋が落ちていることを見つけることも多い。


【手袋(上五)】
手袋合掌させて蔵いし会いたきなり 寺田京子
手袋に手袋重ねおく昼餉  麻里伊
手袋は手のかたちゆゑ置き忘る 猪村直樹
手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬
手袋を重ね話の噛み合はぬ  土肥あき子
手袋に手の入りしまま落ちてゐる 澤田和弥
手袋のままで証明写真撮る  藤田俊
手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直

【手袋(中七)】
漂へる手袋のある運河かな 高野素十
二礼二拍手手袋を買うつもり 池田澄子
剥ぎ取りて皮手袋や裏返る 榮猿丸
ひだまりを手袋がすり抜けてゆく 鴇田智哉
嵌めて鳴る革手袋や月曜来 相子智恵
片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵

【手袋(下五)】
夕日いま忘れられたる手袋に 林誠司

【自由律】
さよならのかたちのまま手袋を脱ぐ 松田畦道
手袋なくしたことにして長い坂道  山本弘美


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】鳥の恋
  2. 【夏の季語】入梅
  3. 【春の季語】引鴨
  4. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  5. 【冬の季語】暮早し
  6. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  7. 【冬の季語】冬の薔薇
  8. 【冬の季語】マスク

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬帽子
  2. 【#46】大学の猫と留学生
  3. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  4. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  5. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  6. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  7. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  8. 【冬の季語】蓮根掘
  9. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  10. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】

Pickup記事

  1. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  2. 【冬の季語】冬日
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志
  6. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  8. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  9. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  10. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
PAGE TOP