季語・歳時記

【春の季語】春二番

【春の季語=三春(2月〜4月)】春二番

春一番」のあとに吹く、南寄りの強風のこと。


【春二番(上五)】
春二番三番四番五番馬鹿 三橋敏雄
春二番退院の母背負はれて 古賀まり子

【春二番(中七)】

【春二番(下五)】
竹山は寺の持ち山春二番 星野麥丘人
雨雲を掃き朝翔けの春二番 佐藤鬼房
順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】風花
  2. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  3. 【春の季語】野に遊ぶ
  4. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 【春の季語】春節
  7. 【冬の季語】蕪
  8. 【秋の季語】梨

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】熊穴に入る
  2. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  4. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  5. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  6. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  8. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  9. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  10. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】

Pickup記事

  1. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  3. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  4. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  6. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  7. 【冬の季語】寒し
  8. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  9. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
PAGE TOP