ハイクノミカタ

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】


冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ

川崎展宏


立冬を過ぎて、気づけばいつのまにか季節は冬へ。

それぞれの季節の立つ頃は前の季節が残っていて、季が変ってもたいてい名ばかりという感じがする。それでよく「暦の上では」と言ったりするのだが、その暦の上というのを私はとても大切にしている。

体感だけで季節を感じていたら、『古今和歌集』や『源氏物語』『枕草子』など日本文学上の季節の移ろいにおける豊かな情緒は生れなかったはず。

今日から冬、と思う心が、装いや調度に季節ならではの趣向を見せたり、目に映るもの、肌で感じるもの、耳に聞こえるものの微妙な変化を気付かせてくれるのである。

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ

掲句、「冬」と言ってもそれは冬の入り口という感じ。句から厳しい寒さは感じない。

青々とひろがる空の下でひとり、「冬」と言ってみる。

「口笛を吹くやうにフユ」

言われてみれば「冬」だけが口笛を吹くように言える。まるで季節の移ろいを確かめる一人遊びのようで、なんだかとても楽しそうだ。

アの母音が一音もないので、口をすぼめたまま一句を言うことができて、句全体も冬仕様という感じ。「フユ」の表記もやがて吹き来る北風のヒューという音を思わせる。

なんて遊び心のある句なのだろう。

この季節になると恋しく口ずさみたくなる。

句集『秋』(1997)所収

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  3. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  4. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  5. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  6. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  7. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  8. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】

おすすめ記事

  1. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  2. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  3. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  4. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  5. 【春の季語】雨水
  6. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  7. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  8. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  9. 【春の季語】雛人形
  10. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】卒業
  2. 【秋の季語】コスモス
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  4. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  5. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  6. 【冬の季語】待春
  7. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  9. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  10. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
PAGE TOP