ハイクノミカタ

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】


冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ

川崎展宏


立冬を過ぎて、気づけばいつのまにか季節は冬へ。

それぞれの季節の立つ頃は前の季節が残っていて、季が変ってもたいてい名ばかりという感じがする。それでよく「暦の上では」と言ったりするのだが、その暦の上というのを私はとても大切にしている。

体感だけで季節を感じていたら、『古今和歌集』や『源氏物語』『枕草子』など日本文学上の季節の移ろいにおける豊かな情緒は生れなかったはず。

今日から冬、と思う心が、装いや調度に季節ならではの趣向を見せたり、目に映るもの、肌で感じるもの、耳に聞こえるものの微妙な変化を気付かせてくれるのである。

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ

掲句、「冬」と言ってもそれは冬の入り口という感じ。句から厳しい寒さは感じない。

青々とひろがる空の下でひとり、「冬」と言ってみる。

「口笛を吹くやうにフユ」

言われてみれば「冬」だけが口笛を吹くように言える。まるで季節の移ろいを確かめる一人遊びのようで、なんだかとても楽しそうだ。

アの母音が一音もないので、口をすぼめたまま一句を言うことができて、句全体も冬仕様という感じ。「フユ」の表記もやがて吹き来る北風のヒューという音を思わせる。

なんて遊び心のある句なのだろう。

この季節になると恋しく口ずさみたくなる。

句集『秋』(1997)所収

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  2. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  3. 橋立も歩けば長し松落葉 高林蘇城【季語=松落葉(夏)】
  4. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  5. 残る色明日にたゝみて花蓮 佐藤冨士男【季語=花蓮(夏)】
  6. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  7. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  8. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2…

おすすめ記事

  1. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  2. 【冬の季語】室の花
  3. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  4. 【秋の季語】秋桜
  5. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  7. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  10. 【#32】『教養としての俳句』の本作り

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の夢
  2. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  3. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  4. 【冬の季語】蓮根掘
  5. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  6. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  7. 【春の季語】旧正
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  9. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  10. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
PAGE TOP