【夏の季語】水中花/酒中花

【解説】水を吸うと花のように開く素材で出来た造花のこと。松坂慶子の曲で有名。ちなみに作詞は五木寛之です。

【関連季語】浮人形、水機関、金魚玉など。

【水中花】
死を問へば生きてゐるなり水中花   高屋窓秋
水中花培ふごとく水を替ふ      石田波郷
水中花さびしきかやや傾けり     村山故郷
水中花にも花了りたきこころ    後藤比奈夫
水中花濡れてゐるとは思はれず   保坂伸秋
水中花誰か死ぬかもしれぬ夜も   有馬朗人
ひとかどの蕾をつけて水中花     鷹羽狩行
花言葉なき一生を水中花      杉阪大和
BLUESの頃の話や水中花    坊城俊樹
いきいきと死んでゐるなり水中花  櫂未知子 

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る