季語・歳時記

【夏の季語】水中花/酒中花

【解説】水を吸うと花のように開く素材で出来た造花のこと。松坂慶子の曲で有名。ちなみに作詞は五木寛之です。

【関連季語】浮人形、水機関、金魚玉など。

【水中花】
死を問へば生きてゐるなり水中花   高屋窓秋
水中花培ふごとく水を替ふ      石田波郷
水中花さびしきかやや傾けり     村山故郷
水中花にも花了りたきこころ    後藤比奈夫
水中花濡れてゐるとは思はれず   保坂伸秋
水中花誰か死ぬかもしれぬ夜も   有馬朗人
ひとかどの蕾をつけて水中花     鷹羽狩行
花言葉なき一生を水中花      杉阪大和
BLUESの頃の話や水中花    坊城俊樹
いきいきと死んでゐるなり水中花  櫂未知子 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】息白し
  2. 【冬の季語】雪
  3. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  4. 【春の季語】春灯
  5. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  6. 【春の季語】猫柳
  7. 【春の季語】東風
  8. 【新年の季語】獅子舞

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬の滝
  2. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  4. 【冬の季語】梟
  5. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  6. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  7. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  8. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  9. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  10. 【冬の季語】白息

Pickup記事

  1. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  2. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  3. 【春の季語】鴨帰る
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  5. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  6. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  7. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  8. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  9. 【春の季語】春の灯
  10. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】
PAGE TOP