季語・歳時記

【春の季語】春一番

【春の季語=初春(2月)】春一番

立春」のあとにはじめて吹く、南寄りの強風のこと。

平均風速が7〜8m/sであることがひとつの目安。

ただし年によっては、吹かないまま終わることもある。


【春一番(上五)】
春一番藁まみれなる濡れ仔牛 福田甲子雄
春一番競馬新聞空を行く 水原春郎
春一番あなたにおすすめのワード 久留島 元

【春一番(中七)】
再会を果す春一番のあと 後藤比奈夫
飲むか戻るか春一番に艶めく灯 楠本憲吉
美酒を得て春一番を忘じけり 岸本尚毅
我に吹く春一番や誕生日 相子智恵

【春一番(下五)】
熊のいない山のあなたの春一番 金子兜太
竹は竹どうし寄りあひ春一番 鷹羽狩行
若者に古着が流行る春一番 有馬朗人
風呂敷で運ぶ地球儀春一番 池田澄子
葬儀屋を花であしらう春一番 仁平勝
紙幣より硬貨は健気春一番 加藤静夫

【自由律】
春一番が吹くこども家の内に吹かれたり 中塚一碧楼


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】春隣
  2. 【冬の季語】冬桜
  3. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  4. 【冬の季語】凩(木枯)
  5. 【冬の季語】師走
  6. 【秋の季語】霧
  7. 【冬の季語】豆撒
  8. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】雪掻く
  2. 【#46】大学の猫と留学生
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  4. 【秋の季語】秋気
  5. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  6. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  7. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  8. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  10. 【秋の季語】秋分の日

Pickup記事

  1. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  2. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  3. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  5. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  9. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  10. 【春の季語】鶯餅
PAGE TOP