季語・歳時記

【秋の季語】末枯

【秋の季語=晩秋(10月)】末枯

【解説】

気温も下がり冬が近づくと、木々の枝先や葉は、先の方からだんだんと枯れてきます。それを俳句では「末枯(うらがれ)」と呼びます。「すえがれ」と読みそうになりますが、読みません。「枯」が入っているので冬の季語と勘違いしそうになりますが、晩秋の季語です。

近代に入ると「末枯る」と動詞化してゆくようになり、枯れはじめた葉そのものだけでなく、枯れてゆく時間のうつろいもまた、詠まれるようになってきました。動詞化された「末枯る」の用例については、こちらをご参照ください。


【末枯(上五)】
末枯の原をちこちの水たまり 高浜虚子
末枯の山見しよりの一睡り 高野素十
末枯のころのよき月上りけり 久保田万太郎
末枯をきて寿司だねの光りもの 波多野爽波
うらがれのコスモス一花まくれなゐ 佐藤鬼房
末枯に佇みて人やりすごす 西村和子
末枯れやカレー南蛮鴨南蛮 田中裕明
末枯のお稲荷様の電話鳴る 岸本尚毅
末枯や子供心に日が暮れて 岸本尚毅
末枯の国境暮るる吹き曝し フォーサー涼夏

【末枯(中七)】
海へむく山末枯れをいそぎけり 如毛
何草の末枯草ぞ花一つ 暁台
夢に色あり末枯の露草も 山口青邨
草枕して末枯れは旅の匂ひ 野見山朱鳥
なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子

【末枯(下五)】
まぼろしでありたき城を末枯に 篠田悌二郎


「末枯る」の例句はこちらから


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪降る
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 【夏の季語】たかんな
  4. 【春の季語】蜷
  5. 【冬の季語】枯木立
  6. 【春の季語】卒業
  7. 【冬の季語】冬薔薇
  8. 【冬の季語】梅早し

おすすめ記事

  1. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  2. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  4. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  5. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  7. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  10. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

Pickup記事

  1. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
  2. 【春の季語】雛人形
  3. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  5. 【冬の季語】枯木
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  7. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  8. 【冬の季語】クリスマス
  9. 【新年の季語】どんど焼
  10. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
PAGE TOP