きょうのパン句。

【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ


俳句とパンをこよなく愛する流浪の旅人・吉田発酵さんに、パン&俳句愛をつれづれなるままに語ってもらうコーナー。おいしいパンを食べれば、おいしい俳句ができるかも🥐


【#2】
ル・フィヤージュ
(伊豆高原)

こんにちは。
ご無沙汰しております。
少し間があいてしまいましたが、先日伊豆高原に遊びに行ってきました。

大きな仕事がひとつ終わったので、自分にごほうび、ということで温泉へ。
いいですねー、温泉は。贅沢に、エステもしてもらってきました。

温泉街の近くにあるパン屋さんは、だいたい美味しいです(あんまりないけど)。
温泉は心のゆとり。パンもまた右に同じ。

そんなわけで伊豆高原駅(伊豆急行伊豆急行線)徒歩15分ほどの住宅街に位置する「ル・フィヤージュ」に行ってきました。

ル・フィヤージュは、実に隠れ家的なベーカリーカフェ。店内に入ると、選びきれないほどの(80種類くらいの)パンが並んでいます。しかも昼間は、ランチ営業あり。店の前には中庭もあって、天気のいい日には、木漏れ日の下のテラス席で、美味しいパンをいただくことができます。素敵すぎるよ、伊豆高原。

店名の「フィヤージュ(feuillage)」は、フランス語で「葉っぱ」を表す「フイユ(feuille)」の総称。高原のパン屋にふさわしいネーミングですね。

ミルフィーユが「千枚の葉っぱ(を重ねたもの)」という言葉から来ているように、この店にきてまず食べてほしいのは、こちらのクロワッサンですな。

「クロワッサン」250円

バターたっぷりの甘さではなく、あくまで小麦の甘さに、こんがりと焼けた苦味、そして塩味が感じられるパンです。この店のパンの特徴は、素朴にして滋味があること。なので、クロワッサンはまさにこの店を象徴する一品です。森のなかを駆け巡るリスのような軽やかさ。もうすぐ啓蟄なので、明隅礼子さんの〈啓蟄や走ればきのふより速し〉という一句を思い出しました。

「バケットヴィエノワ」280円

こちらはバターと蜂蜜入りの、ほんのり甘くてやわらかなバゲット。固めのバゲット(昔でいうところのフランスパン)も売ってるんですが、こちらはめずらしいパンだし春らしい。写真は全体の1/3ほど。ミニサイズも売ってます。おやつにも朝食にももってこい。時節柄、深見けん二さんの〈人はみななにかにはげみ初桜〉を思い出しました。

「パン・オ・セレアル」280円

今回トリを飾るのは、こちらのハード系のブレッド。ごらんのとおり、黒胡麻、白胡麻、松の実、レーズンが入っています。わかりやすくいえば、レーズンは甘み担当、松の実はコク担当、二種類の胡麻は香り担当でしょうか。スマホの代わりに持ち歩きたいくらいです。〈春や有為の奥山越えてダンスダンス〉は、毎日芸術賞を受賞された柿本多映さんの一句。

それでは最後に、わたくしのパン句を。

湯の街にフランスパンを買ふ遅日

のんびりしてきたので、今日からつるつるのお肌で、また仕事を頑張りたいと思います。

みなさんも、伊豆方面に足を伸ばすことがあればぜひ、ル・フィヤージュ、行ってみてください。(たぶん、わたしより)美味しい俳句ができると思います。

それでは、また次回。


店名 ル・フィヤージュ
住所 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1305−75
TEL 0557-53-3953
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜日
HP http://www.le-feuillage.com/


【執筆者プロフィール】
吉田発酵(よしだ・はっこう)
1983年生まれ。世田谷区在住。パンと俳句と日本酒をこよなく愛する。
好きなパンクは、ラモーンズ 『End of the Century』。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と…
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  4. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡…
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美

おすすめ記事

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  2. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  3. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  6. 【冬の季語】ストーブ
  7. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  8. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】

Pickup記事

  1. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  2. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  3. 【夏の季語】入梅
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  5. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  6. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  7. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  9. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  10. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
PAGE TOP