季語・歳時記

【夏の季語】夜の秋

【解説】晩夏にただよう秋の気配のこと。「よるのあき」と5音で読むこともあるし、「よのあき」と4音で読むこともある。「秋の夜」だと当然ながら、秋の季語になります。

【関連季語】夜涼、秋近し、晩夏、夏の果など。

【夜の秋】
卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
膝に乗る黒猫の愚図夜の秋    坪内稔典
唇のつぼむ力も夜の秋      池田澄子
塩饅頭甘さもすこし夜の秋     長谷川櫂
我あらぬ職場をおもふ夜の秋    長谷川櫂
灯すや文字の驚く夜の秋     坊城俊樹
なつかしきこと多くなり夜の秋  小島健
水銀の玉散らばりし夜の秋    佐藤郁良

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】大寒
  2. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  3. 【春の季語】雛
  4. 【春の季語】囀る
  5. 【夏の季語】泰山木の花
  6. 【冬の季語】冬至
  7. 【夏の季語】夏館
  8. 【冬の季語】着ぶくれ

おすすめ記事

  1. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  2. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  4. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  6. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  7. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  8. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  9. 【夏の季語】南天の花
  10. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  3. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】
  4. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  5. 【夏の季語】万緑
  6. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  7. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  8. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  9. 【冬の季語】蓮根掘る
  10. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
PAGE TOP