季語・歳時記

【夏の季語】夜の秋

【解説】晩夏にただよう秋の気配のこと。「よるのあき」と5音で読むこともあるし、「よのあき」と4音で読むこともある。「秋の夜」だと当然ながら、秋の季語になります。

【関連季語】夜涼、秋近し、晩夏、夏の果など。

【夜の秋】
卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
膝に乗る黒猫の愚図夜の秋    坪内稔典
唇のつぼむ力も夜の秋      池田澄子
塩饅頭甘さもすこし夜の秋     長谷川櫂
我あらぬ職場をおもふ夜の秋    長谷川櫂
灯すや文字の驚く夜の秋     坊城俊樹
なつかしきこと多くなり夜の秋  小島健
水銀の玉散らばりし夜の秋    佐藤郁良

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒晴
  2. 【春の季語】早春
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 【秋の季語】霧
  5. 【冬の季語】白息
  6. 【冬の季語】漱石忌
  7. 【春の季語】紙風船
  8. 【冬の季語】数え日

おすすめ記事

  1. 【毛の俳句】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  3. 【春の季語】雛飾る
  4. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  5. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  6. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  7. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  8. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  9. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  10. 【春の季語】芹

Pickup記事

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  2. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  3. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  4. 【夏の季語】蓮
  5. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  6. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  7. 【冬の季語】狐
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月19日配信分】
  10. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
PAGE TOP