【夏の季語】風鈴/江戸風鈴 南部風鈴 貝風鈴 風鈴売

【解説】風通しのいい窓辺などに吊るして涼を呼ぶ、夏の風物詩。ふつうは、聴覚と温度感知はつながっていないようですが、小さいころからの刷り込みで、風鈴の音をきくと涼しく感じるようになるのだとか。発明した人、すごいですね。

【関連季語】秋の風鈴、扇風機、釣忍、団扇、扇など。

【風鈴】
風鈴を人が鳴らしてゐたる音 後藤夜半
風鈴の短冊の句が賢すぎ  後藤比奈夫
鳴らしつつ探す風鈴吊るところ 下坂速穂
風鈴をしまふは淋し仕舞はぬも 片山由美子
鳴りづめの風鈴の舌すこし切る 伊藤伊那男

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る