夏の季語

【夏の季語】風鈴

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】風鈴

【ミニ解説】

風通しのいい窓辺などに吊るして涼を呼ぶ、夏の風物詩。

「風鈴」には釣鐘をかたどった金属製のもの、球のような吹きガラスのものなどがあります。

日本には鎌倉時代に中国から伝わり、室町時代に上流社会で流行し、江戸時代から庶民のあいだに広まりました。

ふつうは、聴覚と温度感知はつながっていないようですが、小さいころからの刷り込みで、風鈴の音をきくと涼しく感じるようになるのだとか。発明した人、すごいですね。

有名な句に

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり 飯田蛇笏

があります。

「秋の風鈴」ですから季節は(夏ではなく)秋、季節外れの風鈴の音が爽やかに、どこか寂しく鳴っています。

【関連季語】秋の風鈴、扇風機、釣忍、団扇、扇など。


【風鈴(上五)】
風鈴や花にはつらき風ながら 一茶
風鈴の音を点でし軒端かな 高浜虚子
風鈴の空は荒星ばかりかな 芝不器男
風鈴を人が鳴らしてゐたる音 後藤夜半
風鈴のどこへも行かず暮らしけり 高橋淡路女
風鈴の下をおさへてはづえしけり 川崎展宏
風鈴があればかなしき時あらん 細見綾子
風鈴の短冊の句が賢すぎ  後藤比奈夫
貝風鈴思ひ出うすれゆきにけり 友岡子郷
風鈴をしまふは淋し仕舞はぬも 片山由美子
風鈴を吊るす母まだゐるやうに 深川知子
風鈴の下に老人牛乳屋 岸本尚毅
風鈴や庭より入る母の家 森賀まり
風鈴のひとつ買はれて音減らす 堀切克洋

【風鈴(中七)】
買ひ戻る風鈴に早や町の風 内藤鳴雪
みちのくの風鈴売って軒傾く 山口青邨
月さして風鈴の影生れけり 山田みづえ
売り声は上げず風鈴売が過ぐ 朝妻力
過敏なる風鈴ありて夫婦の夜 鷹羽狩行
鳴りづめの風鈴の舌すこし切る 伊藤伊那男
水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子
鳴らしつつ探す風鈴吊るところ 下坂速穂 

【風鈴(下五)】
あめつちのさびしさ風鈴売通る 加倉井秋を
晩年を囃しつづける江戸風鈴 足立敏子
戦なき空へ風鈴吊しけり 松内桂子
露地を出て風鈴売りが風になる 小林実
打楽器を並べし中に風鈴も トオイダイスケ

【その他】
月光ほろほろ風鈴の戯れ 荻原井泉水


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】短日
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 【冬の季語】掘炬燵
  4. 【冬の季語】冬木
  5. 【春の季語】朧
  6. 【夏の季語】ごきぶり
  7. 【冬の季語】冬滝
  8. 【春の季語】啓蟄

おすすめ記事

  1. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  2. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  3. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  4. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  6. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  8. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  9. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  10. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】

Pickup記事

  1. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  2. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  3. 【秋の季語】曼珠沙華
  4. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  5. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
  6. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  7. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  8. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  9. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  10. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP