季語・歳時記

【秋の季語】蕎麦の花

【秋の季語=晩秋(10月)】蕎麦の花

「花蕎麦」とも。


【蕎麦の花(上五)】
蕎麦の花に月あり藁屋暮れんとす 高浜虚子
蕎麦の花終りて山に雲のこす 大串章
蕎麦の花思ったよりも固い握手 宮崎斗士

【蕎麦の花(中七)】

【蕎麦の花(下五)】
月光の及ぶ限りの蕎麦の花 柴田白葉女
袖のやうに畑一枚そばの花 川崎展宏
山の日の照り降り照りや蕎麦の花 森澄雄
あっけなく死ぬ年寄りに蕎麦の花 宇多喜代子
子にうすれゆく方言よ蕎麦の花 神原教江
職名を明かさぬ友や蕎麦の花 新海あぐり
熱気球音なく流れ蕎麦の花 齋藤朝比古


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春塵
  2. 【冬の季語】息白し
  3. 【秋の季語】台風(颱風)
  4. 【冬の季語】冬銀河
  5. 【春の季語】椿寿忌
  6. 【秋の季語】良夜
  7. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  8. 【春の季語】涅槃絵図

おすすめ記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  2. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  3. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  4. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  5. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  6. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  7. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  8. 【夏の季語】扇風機
  9. 【春の季語】愛の日
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  2. 【春の季語】木の根明く
  3. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  5. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  6. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  7. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  8. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  9. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
PAGE TOP