夏の季語

【夏の季語】夏休(夏休み)

【夏の季語=晩夏(7月)】夏(夏休み)

学校や会社などで夏の期間、授業や業務を休みにする休暇のこと。

北半球では主に7月下旬から8月の終わりにとるのが一般的である。

日常的には「夏休み」と「み」を送ることが多いが、俳句では「夏休」と「み」を送らないことも多い。


【夏休(上五)】
夏休みも半ばの雨となりにけり 安住 敦
夏休み果つよ音痴のハーモニカ 中谷朔風
夏休み生徒の席に座りみる 中田尚子

【夏休(中七)】
ナフタリン痩せ夏休み半ば過ぐ 林 薫

【夏休(下五)】
蜂さされが直れば終る夏休み 細見綾子
山に石積んでかへりぬ夏休 矢島渚男
空缶にめんこが貯まり夏休み 山崎祐子
旅終へてよりB面の夏休 黛まどか
鳩が鳩追ふ世の中は夏休み 朗善千津
だまし絵にだまされにゆく夏休 櫛部天思
掌にみづうみの水なつやすみ 藤本夕衣
どの部屋に行つても暇や夏休み 西村麒麟
はるかまで畳なりけり夏休み 西生ゆかり
水音のひしめいてゐる夏休  山口優夢


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋灯下
  2. 【新年の季語】去年今年
  3. 【夏の季語】たかんな
  4. 【冬の季語】日記買う
  5. 【冬の季語】凍る
  6. 【冬の季語】冬帽
  7. 【冬の季語】探梅行
  8. 【冬の季語】南天の実

おすすめ記事

  1. 【春の季語】四月馬鹿
  2. 【春の季語】海苔
  3. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  4. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  5. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  6. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  7. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  8. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  9. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  10. 【夏の季語】サングラス

Pickup記事

  1. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  2. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  3. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  4. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  5. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  6. 【新年の季語】松の内
  7. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  8. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  9. 【秋の季語】新蕎麦
  10. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
PAGE TOP