夏の季語

【夏の季語】夏休(夏休み)

【夏の季語=晩夏(7月)】夏(夏休み)

学校や会社などで夏の期間、授業や業務を休みにする休暇のこと。

北半球では主に7月下旬から8月の終わりにとるのが一般的である。

日常的には「夏休み」と「み」を送ることが多いが、俳句では「夏休」と「み」を送らないことも多い。


【夏休(上五)】
夏休みも半ばの雨となりにけり 安住 敦
夏休み果つよ音痴のハーモニカ 中谷朔風
夏休み生徒の席に座りみる 中田尚子

【夏休(中七)】
ナフタリン痩せ夏休み半ば過ぐ 林 薫

【夏休(下五)】
蜂さされが直れば終る夏休み 細見綾子
山に石積んでかへりぬ夏休 矢島渚男
空缶にめんこが貯まり夏休み 山崎祐子
旅終へてよりB面の夏休 黛まどか
鳩が鳩追ふ世の中は夏休み 朗善千津
だまし絵にだまされにゆく夏休 櫛部天思
掌にみづうみの水なつやすみ 藤本夕衣
どの部屋に行つても暇や夏休み 西村麒麟
はるかまで畳なりけり夏休み 西生ゆかり
水音のひしめいてゐる夏休  山口優夢


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】台風(颱風)
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  4. 【冬の季語】冬の川
  5. 【春の季語】初東風
  6. 【冬の季語】鬼やらう
  7. 【冬の季語】冬蟹
  8. 【冬の季語】凩(木枯)

おすすめ記事

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  2. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  3. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  5. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  6. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  7. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  8. 【新年の季語】どんど焼
  9. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  10. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】

Pickup記事

  1. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  2. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  3. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  5. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  6. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  7. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  9. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
PAGE TOP